伴野豊公式サイト:サク・サケ・サカス

通学路安全対策記者会見


やっと、成果が見えて来ました! 

国土交通副大臣就任前の国土交通委員長時代、議連会長として手がけて来た「通学路安全対策」。未来を担う子供たちの命を守る政策。事務局長の斎藤嘉隆参議院議員と二人三脚でかいた汗が、今日やっと実を結びました。

今まで国土交通省、文部科学省、警察庁がバラバラに情報を持ち、それぞれが対策をしていた通学路。まさに、政治主導で三省の情報を一元化して、小学校を中心に、子供たちが安全安心して通学できる通学路を確保するものです。2012年8月末までに全国で6万箇所の対策必要箇所を抽出致しました。それを受け、同年11月末までに、各地域において対策案がとりまとめられました。

今、全国で対策されている通学路はこの成果をもとに計画実施されているものです。