伴野豊公式サイト:サク・サケ・サカス

主な内容(2011年05月13日:第136号)

  • 全力で復興外交に取組んでまいります
  • 最近の主な外交活動

全力で復興外交に取組んでまいります

新しい日本を再生する為、復興外交に全力で取組みます。

3.11東日本大震災。心からご冥福とお見舞いを申し上げます。復興再生には膨大な費用と時間がかかります。

同時に復興のあり方は今後の日本の将来を決定していきます。復興を被災地だけの問題と捉えず、日本の新時代への出発点と捉え、伴野豊は全力で復興外交に取組んでまいります。

地元におきましては先般の県議会議員選挙にて、近藤良三(半田市)・佐波利則(東海市)・河合洋介(東浦町、阿久比町) 3氏が当選。市町議会議員選挙におきましても公認議員・友好議員の多数の同志たちが当選することが出来ました。
これもひとえに皆様方のお支えがあってこそと心から感謝申し上げます。

最近の主な外交活動

支援物資受入等についての会談

日付 訪問先
3月16日 インド大使
3月18日 インドネシア大使
3月25日 フランス大使
欧州委員会委員
フィリピン大使
3月28日 マレーシア大使
パキスタン大使
4月11日 トルコ支援・救援隊
4月28日 ベトナム大使

他多数諸外国大使等と支援物資受入について会談

今回、財政的に貧しい途上国からも、日頃友好的でない国からもたくさんのご支援を寄せていただきました。この支援活動を契機に、日本の外交を諸外国との新しい信頼構築へと高めてまいります。

シンガポール訪問 (4/25)

4月25日、日・シンガポール・シンポジウムに日帰りで出席し「震災後の日本とその地域外交」と題する基調講演を行ないました。同講演で、伴野豊は東日本大震災に際するシンガポールからの支援に謝意をし、震災後の日本の現状について説明し、地域外交の展望についても述べました。

ロシア・欧州訪問 (5/5~5/10)

5月5日から10日までの間、ロシア・エストニア・リトアニア・ポーランドを訪問しました。

ロシアではエネルギー分野の関係者等と会談し、日露二国間の協力関係促進及び、日露経済関係を中心に意見交換を行い、エストニア・リトアニアにおいては二国間の協力関係の促進について意見交換を行ないました。ポーランドでは、日本産の農産品輸入について、日ポーランド二国間関係・日EU関係の促進について意見交換を実施してきました。

また訪問先各国で、日本の福島第一原発事故収束に向けての努力についての説明及び輸入に関する各国の冷静な対応を求めて参りました。