伴野豊公式サイト:サク・サケ・サカス

主な内容(2011年10月22日:第143号)

  • 第179回臨時国会開催
  • ひまわりのおもい - その4

第179回臨時国会開催

国交委員長として復興に全力投球

10月20日に第179回臨時国会が召集されました。
国会開催に先立ち、10月6日から7日にかけて、国土交通委員会委員派遣団長として岩手、宮城県両県の被害、復旧状況等を視察しました。6日は岩手県に入り、達増知事、山本宮古市長、望月三陸鉄道社長から、翌7日には宮城県に入り、村井知事、大橋松島町長、亀山石巻市長から復興計画及び要望について伺い、さらに、石巻港被災状況、三陸縦貫自動車道四車線化事業等についても聴取しました。

今回、改めて被災地を訪れ、被災の実情を目の当たりにし津波に襲われた時のままの住宅、橋、鉄道などを目にし、国土交通委員長として被災地の一日も早い復興に向け、スピードアップしなければならないと決意を新たにいたしました。

安全確保のため大臣に緊急要請

那覇発羽田行き全日空便が、背面飛行に近い姿勢で急降下したトラブルを受け、伴野豊は9月30日に「輸送の安全を著しく脅かす事案が発生したことは極めて遺憾」「周辺諸国でも重大事故が発生しており、我が国でも安全の確保向上が図られなければならない」など安全確保の徹底を求め前田国交相に緊急要請をいたしました。

重要プロジェクトの要として

伴野豊は10月7日付で、民主党内の成長戦略・経済対策プロジェクトチームの座長代理ならびに、エネルギープロジェクトチームの事務局長を新たに拝命いたしました。

成長戦略・経済対策PTでは、医療や介護・福祉を含む5本の柱の経済対策に基づき、新成長戦略でこの先、我が国は何で稼いでいくのか?何で食べていくのか?というビジョンを明確に打ち出し、政策等に反映させていきます。

また、エネルギーPTでは「脱原発依存」を前提に、火力や自然エネルギーなどの効果的な使い分けのあり方を議論しエネルギー政策全般について検討します。

伴野豊も国交委員会をはじめ2つの最重要PTの要として、未来の日本の為にしっかりと取り組んで参ります。

ひまわりのおもい - その4

ドラゴンズ優勝おめでとう!! 10月18日に中日ドラゴンズがリーグ連覇しました。一時は、ヤクルトに10ゲーム差以上も離され、2位どころか3位も危ぶまれていました。そんな中、優勝できたのは、堅実なチーム力もありましたが、落合監督のどのような状況であっても慌てず、ぶれない指導方針があったからだと思います。

決して派手なパフォーマンス・話題提供はしないけれど結果はしっかりと残す。落合監督のように野田新内閣も、方向性をしっかりと定め地道であっても明日の日本の為にしっかりと結果を残すために働いて参ります。