伴野豊公式サイト:サク・サケ・サカス

主な内容(2012年10月03日:第155号)

  • 国土交通副大臣に就任!!
  • 国土交通副大臣としての抱負

国土交通副大臣に就任!!

一昨年の外務副大臣、そして昨年9月からの国土交通委員長として、日本の復興、再生に係る重要な問題の解決に取り組んだ2年間余りでしたが、この度の第3次野田内閣改造におきまして、伴野豊は、国土交通副大臣の職に就くこととなりました。

人々の生き生きとした暮らしと、これを支える活力ある経済社会、日々の安全、美しく良好な環境、多様性のある地域を実現するためのハード・ソフトの基盤を形成することを使命にしっかり務めさせていただきます。

道路局、河川局、住宅局、鉄道局などの15局、観光庁、気象庁、海上保安庁などの外局を抱え、約6万人の職員と共に国の根幹ともいえる国土交通の仕事ができることは、日頃よりご支援いただいている皆様のお蔭であり、国民の皆様へのご奉公としてしっかり務めさせていただきます。

国土交通副大臣としての抱負

チルドレンファースト(子ども第一)の次世代投資を目指します!

昨年1年間は、国土交通委員長として津波防災地域づくりに関する法律案はじめ、大規模地震対策としての都市再生特別措置法の改正、離島振興法の改正、海上輸送法・海洋の汚染、災害防止法、船員法の3つの海事に係る法案の成立等に取り組みました。
しかしながら、日本の新しい交通体制を整備する交通基本法の制定、未来を担う子供たちを交通事故から守る通学路整備など喫緊の課題がまだまだ山積みしてます。

チルドレンファーストの考えのもとで子供たちと安心して生活することができる社会を作るための新しい社会資本整備そして次世代投資を国土交通副大臣として、しっかりと取り組んでまいります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

感謝