伴野豊公式サイト:サク・サケ・サカス

新・戦争論

後半国会のテーマは安全保障

三月九日、月曜日。おはようございます。ばんの豊です。今週も始まりました。
さて国会ですが、衆議院での予算についての議論は、今週末にも終盤を迎えます。その後、各委員会が動き出し、今月中旬以降の国会では「安全保障」の話が注目されることになると思います。
そうした中、先週末、興味深い対談を読みました。池上彰と佐藤優の「新・戦争論」です。

池上彰と佐藤優の「新・戦争論」


intelligenceを単に辞書で引きますと「理解力」「知能」「思考力」と出て来ます。昨今使われている「インテリジェンス」の意味は、「ものを考える能力」と「判断するために必要で正確な情報の集積」の二つがあり、双方が揃って初めて機能するようです。そう言った意味でもこの二人のお話は大変興味深い。

化け物と良心の対談

池上氏は佐藤氏のことを「化け物」と評し、正確には「最新情報を集め分析する化け物」ということなのでしょうが、一方、佐藤氏は池上氏を「良心の人」と評しています。そうした二人が対談した結果見えてくるもの、それは信頼できるものです。
本書では、中東、中国、韓国、北朝鮮、アメリカについての対談が続きます。いずれも鋭く興味深い。特に「イスラム国」「北朝鮮」についての分析は大変参考になりました。

起こしてはならない第三次世界大戦

お二人の対談によりますと、「戦争と極端な民族の対立の時代」は当分続くようですが、「第三次世界大戦は絶対に起こしてはならない」という想いに改めて共感しました。
私も政治家としてそのために粉骨砕身すると、改めて心に刻み直したところです。では、国会に行ってきます。今週もどうぞよろしくお願い致します。


国会の桜たち

行きつ戻りつ


三月六日、金曜日。おはようございます。ばんの豊です。
只今、朝の七時です。衆議院第一議員会館におります。
季節は行きつ戻りつ。暖かくなったなぁと油断した矢先、急な冷え込み。
花粉症対策と合わせて体調管理が難しい今日この頃です。


舞台は予算委員会から各委員会へ


さて、国会ですが衆議院の予算委員会を皮切りに今月中旬辺りから各委員会へ論戦の舞台が移ります。
各委員会では所管分野毎に法案、予算など、より詳細な論戦が繰り広げられます。

二つの主なお役目

今国会におけます私の主なお役目は二つ。一つは「国土交通委員会筆頭理事」、今一つは「民主党政策調査会筆頭副会長」というものです。

国土交通委員会筆頭理事

「国土交通委員会筆頭理事」とは、国土交通委員会所管の法案、予算などについての野党の総括責任者というお役目です。今国会においては、いわゆるJR九州の上場のあり方を審議する「旅客鉄道株式会社及び日本貨物鉄道株式会社に関する法律の一部を改正する法律案」など閣法6本はじめ各議員立法法律案、国土交通省関連予算の審議にあたります。

民主党政策調査会筆頭副会長

「民主党政策調査会筆頭副会長」とは、党の政策を決定する政策調査会の事務局長的な立場で細野豪志政調会長を直接補佐するものです。あらゆる分野の政策に通じることと合わせて、政策的な反射神経と体力のどちらも求められるなかなか大変なお役目です。

まもなく国会周辺も桜の季節。体調管理に気をつけて国会においても、沢山の論戦の花を咲かせて参ります。



草木萌え動る

静かに落ち着いた朝を迎えております。


三月一日、日曜日。みなさん、おはようございます。ばんの豊です。おかわりございませんか?
早いもので、もう三月です。この時期、七十二侯で言うところの第六侯。「草木萌え動る(そうもくめばえいづる)」季節です。草木どころか人間もソワソワワクワクする季節。身体を動かしたくなってきますね。
そんなこともあり、今朝は久しぶりに朝の太極拳へ娘と行く約束でした。しかしながら、あいにくの雨。娘の太極拳デビュー、次の機会に持ち越しです。
窓の外はシトシト雨。以前よりは少しばかり暖かく感じられる雨。最近になく、静かに落ち着いた朝を迎えております。

さぁ!これから、これから

選挙の気配漂う十一月初め。ソロソロと走り出し、暮れまではずっと選挙モード。当選させて頂いてからはすぐに国会モード。この四ヶ月、全速力で突っ走って来ました。
正直、先月は寒さもあり満身創痍、疲れのピーク。腰は痛くなるは、寝違えるはで、身体中痛いところだらけ。痛みに耐えて何とか二月を乗り切り、三月最初の朝を迎えました。すると、体調は回復し気分も上々。
春は確実に様々なところにやって来ています。本日は党大会。これから行って来ます。


国会周辺にも春が来ています。


二月二十六日木曜日。みなさん、おはようございます、ばんの豊です。
只今、朝の六時半です。議員会館におります。辺りはまだ薄暗く、道行く人もまばら、車はほとんど走っていません。八時から始まる会議の前に溜まっている仕事を片付けなければなりません。
国会周辺も一時の寒さでは無くなり、春は一歩一歩確実に来ています。

母の一番の楽しみ

先週末、久しぶりに母を見舞いました。本人が一番希望するのは外食。
「お父さんは外食が苦手だったもんね。三食、家だったもの。私の手料理が良かったんだね。」最近、一緒に食事をする時の母の口癖。最後は自分の自慢話。「だからお料理教室にも行ったんだよ。」父の大好物は公設市場の刺身でしたが…。
先日はインド料理の千円ランチ。「手づかみで食べるのかい?へぇー、熱いよ、でも美味しいね。こんなの初めて食べた。長生きするもんだ。極楽、極楽。」ナンは全くの初めてのようでした。
今年に入ってから母は、週二日のデイサービスと週二日の訪問介護、更に週二日の食事宅配サービスの計六日、介護サービス事業に従事している方々になんらかの形でお世話になっています。残りの一日である日曜日は、出来るだけ家族で訪問してフォロー出来るように努力しています。
お陰さまで薬の飲み忘れもほとんど無くなり、少しばかり元気も出て来た様に見受けられます。毎日誰かに会って話をする、出来ることなら笑顔で。認知症には良いようです。母の介護を助けてくださる介護職員の方々には本当に頭が下がります。
そうした中、「介護報酬改定」の議論が国会でもなされています。介護職員さんの処遇が改善されることを切に願うものです。現場に遭遇すればする程、そう思います。


無頼のススメ

土の香りがし始めましたが…


二月二十三日、月曜日。みなさん、おはようございます、ばんの豊です。
朝、玄関を出たら、春の気配を感じました。朝早くに雨が降ったようです。以前のような冷たい雨ではないようです。早春の土の香りがします。もう、春ですね。花粉症の季節でもありますが。
「伊集院静」さん。「光」さんではありません。とある小説の一行で好きになった作家です。憧れる作家と言ってもいいかも知れません。夏目雅子さんの旦那さん。
新潮新書の最新刊「無頼のススメ」。二十五の文章からなっています。九割は「どうってことない文章」ですが、油断していると「ニヤって」させてくれます。「紙の本を読む意味」「自分を知ることが無頼のはじまり」「理不尽こそが人を育てる」「終わりなき愚行への想像力を」「虚しく往きて満ちて帰る」などなど。「ススメ」て頂いてもそう簡単には行きませんもんね。