伴野豊公式サイト:サク・サケ・サカス

政治カテゴリーの記事

新・戦争論

後半国会のテーマは安全保障

三月九日、月曜日。おはようございます。ばんの豊です。今週も始まりました。
さて国会ですが、衆議院での予算についての議論は、今週末にも終盤を迎えます。その後、各委員会が動き出し、今月中旬以降の国会では「安全保障」の話が注目されることになると思います。
そうした中、先週末、興味深い対談を読みました。池上彰と佐藤優の「新・戦争論」です。

池上彰と佐藤優の「新・戦争論」


intelligenceを単に辞書で引きますと「理解力」「知能」「思考力」と出て来ます。昨今使われている「インテリジェンス」の意味は、「ものを考える能力」と「判断するために必要で正確な情報の集積」の二つがあり、双方が揃って初めて機能するようです。そう言った意味でもこの二人のお話は大変興味深い。

化け物と良心の対談

池上氏は佐藤氏のことを「化け物」と評し、正確には「最新情報を集め分析する化け物」ということなのでしょうが、一方、佐藤氏は池上氏を「良心の人」と評しています。そうした二人が対談した結果見えてくるもの、それは信頼できるものです。
本書では、中東、中国、韓国、北朝鮮、アメリカについての対談が続きます。いずれも鋭く興味深い。特に「イスラム国」「北朝鮮」についての分析は大変参考になりました。

起こしてはならない第三次世界大戦

お二人の対談によりますと、「戦争と極端な民族の対立の時代」は当分続くようですが、「第三次世界大戦は絶対に起こしてはならない」という想いに改めて共感しました。
私も政治家としてそのために粉骨砕身すると、改めて心に刻み直したところです。では、国会に行ってきます。今週もどうぞよろしくお願い致します。


国会の桜たち

行きつ戻りつ


三月六日、金曜日。おはようございます。ばんの豊です。
只今、朝の七時です。衆議院第一議員会館におります。
季節は行きつ戻りつ。暖かくなったなぁと油断した矢先、急な冷え込み。
花粉症対策と合わせて体調管理が難しい今日この頃です。


舞台は予算委員会から各委員会へ


さて、国会ですが衆議院の予算委員会を皮切りに今月中旬辺りから各委員会へ論戦の舞台が移ります。
各委員会では所管分野毎に法案、予算など、より詳細な論戦が繰り広げられます。

二つの主なお役目

今国会におけます私の主なお役目は二つ。一つは「国土交通委員会筆頭理事」、今一つは「民主党政策調査会筆頭副会長」というものです。

国土交通委員会筆頭理事

「国土交通委員会筆頭理事」とは、国土交通委員会所管の法案、予算などについての野党の総括責任者というお役目です。今国会においては、いわゆるJR九州の上場のあり方を審議する「旅客鉄道株式会社及び日本貨物鉄道株式会社に関する法律の一部を改正する法律案」など閣法6本はじめ各議員立法法律案、国土交通省関連予算の審議にあたります。

民主党政策調査会筆頭副会長

「民主党政策調査会筆頭副会長」とは、党の政策を決定する政策調査会の事務局長的な立場で細野豪志政調会長を直接補佐するものです。あらゆる分野の政策に通じることと合わせて、政策的な反射神経と体力のどちらも求められるなかなか大変なお役目です。

まもなく国会周辺も桜の季節。体調管理に気をつけて国会においても、沢山の論戦の花を咲かせて参ります。



今日から通常国会始まります!


平成二十七年一月二十六日、月曜日。皆さん、おはようございます。ばんの豊です。本日からいよいよ第189回通常国会が始まります。
只今、新幹線の中です。モーニングセットを戴いております。以前なら新聞各紙を買って乗り込んだものですが、最近では滅多にありません。ネットで最新ニュースを読むことが多くなってます。新聞が売れなくなるはずです。
さて国会ですが、補正予算の審議から始まる予定です。本日が財政演説、明日が代表質問の予定です。新幹線の中で体内時計を国会時計に微調整しつつ、今日から150日間の国会に臨みます。


朝一番の新幹線で


十二月二十四日、水曜日。おはようございます。ばんの豊です。
只今は朝の四時半です。巷ではクリスマスイブ。山下達郎でも流れて来そうですが、本日から第188回特別国会が開会されます。先の第47回衆議院議員選挙で当選した議員が初めて一堂に会します。
朝八時に正門が開き、正面玄関で当選証書と名刺を提出すると議員バッチをつけて頂けます。国会議事堂の正門が開くのは選挙が終わった後にすぐに開かれる特別国会の初日一日だけ、今日だけです。そういった意味でも大変感慨深い日であります。
民主党で増えた議席は僅かに11議席。その一議席を預からせて頂く意味の大きさと深さを今ながらに痛感しております。巨大与党にどう対峙するか。
本日、国会に復帰させて頂きました事に心から感謝すると共に、今一度心引き締めて臨んで参ります。ありがとうございます。朝一番の新幹線で行ってきます。


思い上がった政治から思いやりの政治へ


こんばんは、ばんの豊です。只今は十二月十三日土曜日23時です。あと一時間で選挙戦も終了です。
先週火曜日からの十二日間。お騒がせしまして本当に申し訳ございませんでした。
総演説回数268回。精一杯、訴えさせて頂きました。
「思い上がった政治から、思いやりの政治へ」
そのためにも「譲れない想い」があることを。
「政治は、弱い立場の人のためにあらねばならぬと。
経済は、経世済民、お金持ちがよりお金持ちになるのではなく、生活者である国民を救うものでなければなりません。
格差をこれ以上拡げてはなりません。格差が固定化したり、努力で埋めることのできないほどの格差は社会に歪みをもたらし、やがてそれは絶望と共に暴力に変わります。
先の大戦で三百万人のかけがえのない同胞を失った我が国は二度と戦争をしてはなりません。子供たちに持たせるべきものは竹やりではなく思いやりです。
日本の未来のため、次代を担う子供たちのために、絶対に譲れない想いです。
思い上がりの政治ではなく、思いやりの政治をさせて下さい」
精一杯、訴えさせて頂きました。悔いは微塵もありません。
今日まで一分一秒お支え頂いた全ての方々に感謝します。「人事を尽くして天命を待つ」現在の心境です。天は見ていてくれたと思います。
明日を楽しみにしております。一人でも多くの皆さまが投票に行って下さり、「ばんの豊」とお書き頂くことを祈ります。
本当に皆さま、ありがとうございました。心から心から感謝しております。
伴野豊