伴野豊公式サイト:サク・サケ・サカス

時の過ぎゆくままに揺れる秋桜


十月十九日、日曜日。おはようございます、ばんの豊です。東海市から東浦町に抜ける道すがらに新たな秋桜畑を発見しました。あまりに綺麗でしたので、車を停めてシャッターを押しました。
毎年、GW明けからこの季節までの日曜日の朝、東浦町於大公園で太極拳同好会が開催されます。本日が今シーズンの最終日。昨年に続き今年も最終日まで続けることだけは出来ました。過ぎゆく時の速さを実感する秋の朝でした。

アリストテレスと介護と秋の夕暮れ

あれだけ嫌がっていたのにその日が来るのが待ち遠しいようです。訪問介護のヘルパーさんが来て下さる月曜日と木曜日。今では一番の楽しみな日のようなんですね。本当にゲンキンなものです。
今年のお盆明けから週に一度。更にこの十月から週二日。ヘルパーさんに母の自宅を訪問して頂き、ゴミ捨て、洗濯、室内の整理整頓、薬の服用管理など日常生活を支援して頂いております。
介護保険制度を活用させて頂こうと手続きに入ってから、かれこれ一年あまり。母の希望を最大限尊重しつつも現実を踏まえ、様々な方々にご相談に乗って頂きながら少しずつ前に進めて参りました。十月に入ってやっと母の生活にも新たなリズムとハリが出てきました。
身の回りの事もおっくうになり引きこもりがちであった以前に比べ、ヘルパーさんが来て下さるその日は、早朝からソワソワ、ワクワク。「今日はどの服を着たらいいかしら」「美容院に行っておかなくてもいいかしら」などと姉に相談しているようです。
アリストテレスの「人間はポリス的動物である」という言葉がふと頭に浮かんだ秋の夕暮れです。


彼岸花の咲く頃


十月一日、水曜日。みなさん、こんにちは、ばんの豊です。
早いもので今日から10月です。カレンダーを一枚めくりました。
滝と紅葉。山梨県・西沢渓谷の写真が出てきました。まさに秋本番。
知多半島では矢勝川堤はじめ彼岸花があちらこちらで満開です。彼岸花の別名は曼珠沙華。山口百恵さんのそんな曲がありましたね。彼岸花の花言葉は「情熱」とあります。
今月も知多半島の隅々までお邪魔して参りますので、どうぞよろしくお願い致します。

励ましのお便り来たる

先日ブログの読者の方から匿名で、励ましのお便りをいただきました。ありがとうございました。
お便りの内容からすると「半田市内にお住まいの経営者の方」からと思われます。このブログについてのご要望もいくつか併せていただきました。良い機会ですので私なりに考えをまとめてみました。

ひとりの人間としての伴野豊

このブログは当初から、「政治家としての伴野豊」よりも、「ひとりの人間としての伴野豊」を、より幅広い多くの方々に知って頂くことを目的にしています。(2013年5月8日付ブログ「サクサケサカスにようこそ」にて記述)
「ひとりの人間としての伴野豊」が、知多半島をコツコツ歩いて行くことで得た「日常の気づき」のようなものを、「政治」「文化」「介護」「行事」「時事」「その他」のジャンルに分けて、出来るだけバランスよく綴って参りたいと思っています。
また、こうしたブログを通して、「ひとりの人間としての伴野豊」の「信条なるもの」を自然に醸し出して行くことができ、結果的に「政治家としての伴野豊」の「信条なるもの」をもご理解頂くことができれば、「とってもいいなぁ」と思っています。今後とも応援よろしくお願い致します。


 




地球環境のこと


六月五日、木曜日。
梅雨入り宣言どおりの雨ですね。先週までの猛暑は一体何だったのって感じですが、今度は大雨に気をつけましょうとのことです。
「地球環境の事をもっと真剣に考えて!」と地球がお怒りなのかも知れません。
人間同士で小競り合いしている場合ではない、そのことだけは確かなようです。


年金のこと


先日、厚生労働省が公的年金財政の長期見通しを公表しました。これをご覧になって確かに「100年安心」と思われた方はどれ位いらっしゃるのでしょうか?
「だから経済を成長させなければ年金が大変なことになるんです。だから政府も成長戦略を無理やりにでもひねり出して頑張っているんです。国民の皆さん方も経済成長に協力して下さい!」と訴えるための資料だとしても、かなりズレているのでは。時代は「成長」よりも「成熟」です。
努力の結果、経済成長したのならば、それはラッキーぐらいの話で、経済成長を前提にした試算ほど危険なものはありません。「経済成長がゼロもしくはマイナスの場合はどうするのか」を考え対処するのが現実的かつ、本当のリスク管理です。
厚生労働大臣の田村憲久さん。よく存じ上げている方です。以前、法務委員会の筆頭理事同士として、仕事をさせて頂きました。かれこれ九年も前の事です。当時は日本の将来を考え「本音」で丁々発止やり合ったものでした。ですから自ずとそこには党派を超えた信頼関係が生まれました。とても誠実な方で、最も信頼できる同世代の政治家のお一人です。我が国の年金制度については特に、本音で語り、現実的に対処して頂く事を心から祈念しております。


薄い紫の空の朝に


十月二十二日、火曜日。
夜はゆっくり明けています。空は薄い紫色。雲の多い今朝の空です。
外の空気はヒンヤリ。昨日の暑さは何だったのかと思われます。台風27号はゆっくり北上しているらしいですね。困ったもんです。週末は気をつけなければ。
本日は、知多半島内での仕事となります。今日も一日頑張ります。

ホッとした瞬間、悪魔が現れた

やっちゃいました!大事な原稿を消してしまいました。やった瞬間、頭は真っ白。どこかに残っていないか、アガイテみるものの当然無理、徒労の時が流れる。
「あんた!何やってくれたの!」もう一人の私が、叫んではみるものの、あとの祭り。壁に物を投げたくなる衝動をグッと抑える。二日前に余裕をもって仕上げておいたのに。最後の最後で操作ミス。ホッとした瞬間、悪魔が現れた。

何でそうしたの?

「何でそうしたの?」また、もう一人の私が私を責める。絶対やってはいけない時に、やってしまうんですよね。あと少し操作して、送信すれば終わりだったんです。冷静に考えれば、いつも通りやれば、なんでもない、やるはずもない操作ミスをしてしまう。自分でも「どうして、そうしたの?」しかし、それが人間なんですね。ミス、事故、事件が起きてしまう時は、大抵そうしたもの。

無謬性(むびゅうせい)

「無謬性(むびゅうせい)」。「国や官僚はミスをしない、無謬である」なんてよく使われますが、人間はミスをする動物。ミスをしてはいけない時ほど、ミスってしまう動物。官僚も人間、国も人間の集まり。ミスをされると困りますが、残念ながらミスをしてしまう。「国や官僚はミスをしない、無謬である」とすること自体に、そもそも無理がある。「人間はミスをする動物、間違えてしまう動物」それを前提に、様々な仕組みを考えなければいけませんよね。
そんな事を改めて考えさせられる出来事でした。それにしても消えた原稿。「あー、悔しい!」


鳩が鳴いている朝に


八月二十八日、水曜日。
外気は冷んやりしているのですが、肌感覚としてはジットリ汗ばむ、なんかよく分からない朝です。蝉の声もすることのなく、静かな朝です。いやいや、鳩が鳴いていました。
久しぶりに朝の太極拳に行ってきます。日曜日の早朝は突然の雨で流れ、間隔が空いてしまいました。キツイだろうなぁ。


人生は想定外そのもの


「人間にとって成熟とは何か」曽野綾子さんの近著です。なかなか過激な事もおっしゃる方ですが、ちょうど30歳先輩の82歳。大先輩のお話を素直に聴いて見たくなり、手に取りました。時として先輩の話を聴く。大切なことですね。自分より経験されている方のお話。為になります。
第一話の「正しいことだけをして生きることはできない」すべてのことに善と悪の両面がある。この言葉にまず、救われました。敬虔なクリスチャンでもある著者の言葉であるだけに人生の核心をついているように思います。英語のワンダフルの本当の意味も教えて頂きました。
「人生は想定外そのもの」「成熟とは、鏡を磨いてよく見えるようにすることだ」「謙虚が成熟した大人に導いてくれる」「人間はみんなひび割れ茶碗」「大人は穏やかな変化を見守る」「他人の毀誉褒貶は大きな問題ではない」「ずたずたの人生を引き受ける覚悟」などなど。
大人の言葉は心に響きました。