伴野豊公式サイト:サク・サケ・サカス

秋の訪れを感じつつ

八月三十日、土曜日。おはようございます、ばんの豊です。
今朝の空も雲が多く、ハッキリしない天気ですが、秋は確実にやって来ていますね。
窓に差し込む日差しは日々柔らかく、夕暮れもいつしか早くなっています。ギラギラした太陽の下では信じられませんでしたが、今年も確実に秋は来てくれました。
こうした時期、夏の疲れが出ないように気をつけつつ、秋の訪れを楽しみたいものです。
この夏、母の介護支援に若干の変化が見られました。

すったもんだしつつ


やっと母が受け入れてくれました。ヘルパーさんの訪問介護。
「一人暮らしのお年寄りの生活を支援するため、役所がヘルパーさんを派遣して下さるのだ」という口実で、しぶしぶ受け入れてくれました。介護保険制度事業初体験ということです。
母は三年くらい前に認知症を発症しました。最初は症状も軽く、進行を遅らせる程度の薬を服用するところから始まりました。同じ話を繰り返す傾向は強くなりつつも、近所のスーパーなどへは一人で買い物に行くなど、以前と同じ生活を続けておりました。
発症当初から介護保険制度を活用することも考え手続きを取りましたが、本人が頑なに拒否しますので家族で役割分担し、今日までなんとか乗り切って参りました。
しかしながら発症三年目、目に見えて生活の質が低下して来ました。とりわけこの半年間は加速度的となり、今夏においては食欲も減退、家族だけで支援することは限界となりました。母は未だ、出来ることなら拒否したいようですが、とりあえず、ヘルパーさんの訪問を受け入れてくれました。
最初は戸惑っていた母も訪問を重ねてもらうにつれ、少しずつ慣れて来たようです。ケアマネさん、ヘルパーさんは、さすがプロですね。いつしか母の口から「また来て下さいね」と発せられ、周囲はびっくりしました。
こうして、週一回程度のヘルパーさんの訪問介護サービスの力を借りながら、母の新たな生活がスタートしました。