伴野豊公式サイト:サク・サケ・サカス

時の過ぎゆくままに揺れる秋桜


十月十九日、日曜日。おはようございます、ばんの豊です。東海市から東浦町に抜ける道すがらに新たな秋桜畑を発見しました。あまりに綺麗でしたので、車を停めてシャッターを押しました。
毎年、GW明けからこの季節までの日曜日の朝、東浦町於大公園で太極拳同好会が開催されます。本日が今シーズンの最終日。昨年に続き今年も最終日まで続けることだけは出来ました。過ぎゆく時の速さを実感する秋の朝でした。

アリストテレスと介護と秋の夕暮れ

あれだけ嫌がっていたのにその日が来るのが待ち遠しいようです。訪問介護のヘルパーさんが来て下さる月曜日と木曜日。今では一番の楽しみな日のようなんですね。本当にゲンキンなものです。
今年のお盆明けから週に一度。更にこの十月から週二日。ヘルパーさんに母の自宅を訪問して頂き、ゴミ捨て、洗濯、室内の整理整頓、薬の服用管理など日常生活を支援して頂いております。
介護保険制度を活用させて頂こうと手続きに入ってから、かれこれ一年あまり。母の希望を最大限尊重しつつも現実を踏まえ、様々な方々にご相談に乗って頂きながら少しずつ前に進めて参りました。十月に入ってやっと母の生活にも新たなリズムとハリが出てきました。
身の回りの事もおっくうになり引きこもりがちであった以前に比べ、ヘルパーさんが来て下さるその日は、早朝からソワソワ、ワクワク。「今日はどの服を着たらいいかしら」「美容院に行っておかなくてもいいかしら」などと姉に相談しているようです。
アリストテレスの「人間はポリス的動物である」という言葉がふと頭に浮かんだ秋の夕暮れです。


止まない雨はない


十月九日、水曜日。
明け方にかなり強く雨が降りました。今はもう上がっていますが、雨音で目が覚めたくらいですから、かなり強く降ったのだと思います。地面もシッカリ濡れています。時折大きな音をたてて風が吹きます。台風の影響ですかね、一日中、降ったり止んだりの天気のようです。
本日は、知多半島のみならず、名古屋市内も合わせてご挨拶に伺います。立ち往生するような雨に遭遇しないことを願いつつ出発します。

かけがえのない友たちと

友人三人と偶然話しをすることが出来ました。一人は大学時代の友人で天才肌。一人は高校時代の友人で努力家タイプ。一人は中学時代の友人で両面持ったタイプ。いずれも学生時代からの友人です。話し出してすぐにその時代のノリに戻れるのがありがたい。
三人のタイプはそれぞれ全く違うのですが、共通点も多いのです。三人とも会社を経営していて、かれこれ二十年前後になること。一代でここまで来たこと。それなりの従業員を抱え、いつも大変そうなところ。「いつもピンチ」と笑う一方で、しぶとく図太く修羅場を生き抜いてきた自信が、笑ったシワに垣間見ることが出来るところ。「先々月は本当にダメかと思ったよ」と、さらに大きな声で笑うところ。「これからも無理しない範囲で応援するから頑張れ」と言ってくれるところ。本当は無理してくれているところ。かけがえのない友人であるところ。心から感謝しております。