伴野豊公式サイト:サク・サケ・サカス

いよいよ今日から始まります。


十二月二日、火曜日。皆さん、おはようございます!ばんの豊です。
本日は復活をかけた選挙の出陣にあたり、かように沢山の皆様にお集まり頂きましたこと、心から感謝致します。また、今日までお支えいただいた皆様、とりわけ議席を失ってからの二年間、物心両面でお支えいただいた皆様方に心から心から感謝致します。ありがとうございます。
長くも感じられたこの二年間でしたが、今となってはあっと言うまでした。この知多半島、今までお邪魔できなかったところ、お会いできなかった方々、費やすことのできなかった時間をかけて、自分なりに必死に回らせて頂きました。悔しい思いをした事も無くはありませんでした。
しかしながら、今まで感じていなかった、四季折々の草花、風景、地域の歴史や伝統文化、食べ物、空気、風、においなどを五感を使って触れさせて頂きつつ、それぞれの地域で応援して下さる方々の温かいお励ましに触れる度に、元気と勇気を頂き、今日まで何とかたどり着きました。本当に今日までありがとうございます。改めて心から感謝致します。
この二年間、自問自答する中で、自分自身の中に政治家である前に、人として絶対に譲れない想いがあることに改めて気づきました。

絶対に譲れない想いがあります。

私には絶対に譲れない想いがあります。
政治は、強い人、お金持ちや上手くいっている人、ましてや権力者のためにあるのではなく、たまたま上手くいっていない人、苦しんでいる人、言われなき差別を受けている人など弱い立場の人のためにあらねばならぬと。とりわけ、政治権力者はとことん謙虚であらねばならぬと。
経済は、経世済民、生活者である国民を救うものでなければなりません。お金持ちだけがよりお金持ちになるだけで、生活者が困窮するのならば、それは経済政策ではなく搾取政策です。
格差をこれ以上拡げてはなりません。地域格差はじめ、教育、子育て、雇用、賃金、介護、医療、福祉など、残念ながら現実には様々な格差が存在します。格差が固定化したり、努力で埋めることのできないほどの格差は社会に歪みをもたらします。やがてそれは絶望と共に暴力に変わります。
先の大戦で三百万人のかけがえのない同胞を失った我が国は二度と戦争をしてはなりません。この七十年の間、多くの先人の努力と知恵で平和であった我が国。二度と戦火を交えてはなりません。世界の宝である子や孫たちを戦場に送ることがあってはなりません。核兵器のみならずあらゆる全ての兵器を廃絶しなければなりません。

思い上がりではなく、思いやりのある政治をさせて下さい。

地球を七周半しながら外務副大臣を務めさせて頂いている時、ヤドヴィガ・ロドヴィッチと言う名の駐日ポーランド女性大使からこんな事を学びました。
「『思いやり』という日本語は他の言語には訳しにくい言葉です。『思いやり』は日本人に与えられた特別な能力です。東北大震災での日本人の行動を見ていてつくづくそう思いました。この日本人に与えられた特別な能力を世界の平和をリードする為に使って下さい。」と。
私は必ずや「思いやりのある政治」で世界の平和をリードすることをお誓い致します。思い上がりではなく、思いやりの政治で。そのためにも是非私をこの知多半島から国会にもう一度送って下さい。
次代を担う子供たちの為に、額に汗して真面目に働く人々の為に、生活者のために、知多半島の人々の為に、今一度国会で働かせて下さい。どうぞよろしくお願い致します。
ありがとうございました。感謝


知多半島の書

まだまだ朝は冷えますね。

三月十六日、日曜日。
今朝はまだまだ冷えますね。七時現在で1℃ですから、まだまだ油断できません。
空は雲ひとつない青空。夜にかけて崩れるとの予報が信じられない位、突き抜けた青空です。
本日も知多半島、様々な行事が開催されます。中日書道会半田支部集会はじめ様々な行事にお邪魔してきます。

いつの日か自分らしい字を


知多半島は茶道、華道はじめ古き良き日本の伝統文化が非日常ではなく、辛うじて日常である地域なんだと思います。仕事柄、知多半島を駆け巡りながら、他地域と比較して経験的にそう思います。
書もその代表例一つであろうと思います。一般書展は言うに及ばず学童書展など、その量と質は共に相当のものです。
本日は、中日書道会半田支部集会に伺いました。元半田市長の故竹内弘大先輩はじめ旧国鉄OBの方々とのご縁もあり、以前より大変お世話になっております。
曲がりなりにも筆、墨、半紙、硯、文鎮などが私の日常生活の中にあるのは半田支部の皆さんのお陰と心から感謝しております。とりわけ、外務副大臣時代には大変重宝させて頂きました。
お祭りの際に紅白の布の上に貼られる寄付金品の短冊、台帳はじめ、役職の指示書、打ち合わせ書、申し送り書などなど、墨できちんと書かれたものは全てその祭りを構成する重要な文化財です。最近つくづくそう思います。
達筆は望めないにしても、自分らしい字が書けるように精進したいとかねがね考えてはいるのですが…。


本日は北方領土の日です。


二月七日、金曜日。
今朝も東海市は氷点下だったようです。寒さが続いておりますが、空気は凛と澄んでいるように思われます。青い空にハケで描いたような白い雲が浮かんでおります。
本日は「北方領土の日」です。日本政府は、北方領土問題に対する国民の関心と理解を更に深め、全国的な北方領土返還運動の一層の推進を図るため、1981年に2月7日を「北方領土の日」と制定いたしました。
今年も「北方領土返還アピール行進」など、北海道はじめ各地で関係式典が開催されることでしょうね。

日ロ首脳会談に期待!

ちょうど三年前の今日、札幌市で開催された「2011北方領土フェスティバル」に外務副大臣として参加しておりました。旧道庁赤レンガ前庭から大通公園までアピール行進し、その後、視界ゼロの吹雪の中でスピーチしたのを憶えております。
ソチ五輪の開会式は、いよいよ七日(日本時間八日)に開催されます。安倍総理も開会式に出席しプーチン大統領と日ロ首脳会談に臨むようですね。プーチンさんと安倍さんはどうも波長が合うらしい。ハードな交渉になると思いますが、少しでも交渉が前進するように、この点については心からエールを贈ります。


三河三谷まで講演に行ってきます!


二月三日、月曜日。
比較的暖かな朝です。空は雲が多くかなり重そうです。
今日は月曜日、本格的な二月の始まりです。
本日は研修会にて講師をさせて頂きます。中部地方で交通運輸関係のお仕事に主に従事されている方々を対象にした講演です。
三河三谷付近の会場で開催しますので、なんだかんだと一日仕事になりそうです。
行って参ります!

ことし始めての講演会です!

交通運輸関係に従事している方々を対象にした研修会ですから、必須科目として「交通政策基本法」と、更に先の国会で話題になった「特定機密保護法案」について、まず解説をして欲しいとのリクエストを事前に頂いておりました。
成立に至った経緯と法案のポイントについて、外務副大臣、国土交通副大臣時代の経験を踏まえ、お話しをさせて頂きました。
更に、「少子高齢化人口減少社会の日本の課題」「東アジアおける外交・安全保障の課題」「エネルギー政策の現状と課題」「安倍政権の政策の特徴」「都知事選の動向」などなど。会場の皆さん方の熱心な質問に促され、ノンストップの90分。熱い時間はあっという間に過ぎました。
最後は「節分」の意味とその過ごし方についてお話しをさせて頂き、刈谷のハイウェイオアシスで一休憩して帰路につきました。


紫色のグラデーション


十二月九日、月曜日。
朝焼けが空低く全体に広がってます。紫色の空です。低いところは濃い紫、高いところは薄い紫、さらに高いところではピンク色。
グラデーションがかかっているようです。綺麗な空です。しばし眺めてしまいました。
美しい空からパワーをもらったようです。さぁ、今週も頑張ります!

エネルギーとメッセージを

紫色と言いますと、最近はよく紫色のネクタイを好んで身につけます。数年前からだと思いますので、年齢にして四十代の後半からでしょうか。
以前は、勝負の時やエネルギッシュに語りかけたい時は赤系を。論理的に議論をしたり、冷静沈着さを表したい時は青系を。意識して締めていました。
党の国際局長を務めた時くらいから、日本的な色をと思い京都をイメージして、紫色のネクタイを意識してしめるようにしてました。外務副大臣時代は何処かに紫色を身につけようと心がけていました。
「赤と青の色の幅からなる紫はその両方のエネルギーを秘めている。青の鎮静効果と赤のエネルギッシュなパワー、その両方の性質があるので感性を鋭くし、インスピレーションを高めてくれる」改めて紫色の意味を調べてみました。
今朝の紫の空からエネルギーとメッセージをもらいました。