伴野豊公式サイト:サク・サケ・サカス

草木萌え動る

静かに落ち着いた朝を迎えております。


三月一日、日曜日。みなさん、おはようございます。ばんの豊です。おかわりございませんか?
早いもので、もう三月です。この時期、七十二侯で言うところの第六侯。「草木萌え動る(そうもくめばえいづる)」季節です。草木どころか人間もソワソワワクワクする季節。身体を動かしたくなってきますね。
そんなこともあり、今朝は久しぶりに朝の太極拳へ娘と行く約束でした。しかしながら、あいにくの雨。娘の太極拳デビュー、次の機会に持ち越しです。
窓の外はシトシト雨。以前よりは少しばかり暖かく感じられる雨。最近になく、静かに落ち着いた朝を迎えております。

さぁ!これから、これから

選挙の気配漂う十一月初め。ソロソロと走り出し、暮れまではずっと選挙モード。当選させて頂いてからはすぐに国会モード。この四ヶ月、全速力で突っ走って来ました。
正直、先月は寒さもあり満身創痍、疲れのピーク。腰は痛くなるは、寝違えるはで、身体中痛いところだらけ。痛みに耐えて何とか二月を乗り切り、三月最初の朝を迎えました。すると、体調は回復し気分も上々。
春は確実に様々なところにやって来ています。本日は党大会。これから行って来ます。


大晦日2014

大晦日の朝の太極拳


十二月三十一日、水曜日。おはようございます。ばんの豊です。2014年も最後の日、大晦日となりました。今年最後の朝の太極拳に行って来ます。今年も何度か「太極拳」と「太極拳の仲間のみなさん」に救われました。心身のリズムとバランスを取るのに有難い時間でした。今年一年のお礼も込めて今朝も行って参ります。
今年の漢字は「税」のようですが、私の場合は「想」でしょうか。先の総選挙に臨むにあたり、自分自身の想い、今一度国会に送ってやろうとの皆さんの想い、様々な想いが今回の復活当選に繋がったと感謝しております。その想いを胸に「思いやりの政治」を実現して参りたいと心新たにしております。
今年も一年、大変お世話になりました。来年もどうぞよろしくお願い致します。皆様と共に素晴らしい一年をお迎えしたいと存じます。今年も本当にありがとうございました。深謝


本日は勤労感謝の日

十一月二十三日、日曜日。皆さん、こんばんは。ばんの豊です。本日は勤労感謝の日でした。
「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝する日」ということで、いわゆる「新嘗祭」ですね。
本日は朝の東浦町森岡の太極拳に始まり、東海市の「ウォーキング東海」「もみじ祭」「熊野神社新嘗祭」、武豊町の「寒らん展」など、知多半島の行事に参加させて頂きました。
さらに午後からは、東海市名和北交差点を皮切りに、知多市、常滑市と古俣知多市議会議員さんの先導で街頭演説をさせて頂きました。
何れにしても、実りある秋の充実した一日を過ごさせて頂きましたことに心から感謝しております。

来週火曜日からは…


先週から全国的には衆議院解散、総選挙の話題でもちきりですが、知多半島ではその前に来週火曜日から阿久比町の町長選挙が実施されます。
身近な町の四年間を託す重要な選挙です。是非ともご関心をお持ち頂きたいと存じます。
「竹内啓二」さんを応援しております。日頃は家族ぐるみで大変お世話になっております。
「好きです!阿久比の人と自然」という竹内啓二町長のキャッチフレーズが私は大好きです。たった十四文字の中に込められた強くて大きな想い。
全国的に人口減が課題となっている市町が多い中で、着実に人口を増やし続けている阿久比町。竹内啓二町長の想いがその原動力になっている事は間違いない。
竹内啓二町長と歩む阿久比の未来。更に夢膨らみますこと大いに期待しております。


解散風MAX

凛とした空気の朝ですが…。

十一月十六日、日曜日。おはようございます! ばんの豊です。
今朝は冷えましたね。寒いはずです7℃。寒い寒いとばかり言っていられないので、素早く布団を抜け出し、朝の太極拳に行ってきました。こういう日こそ身体を動かさなければなりません。同じ思いの方もいらっしゃるのか、今朝はいつもより参加者の方が多い東浦町森岡の朝でした。
本日は、自宅のある東海市加木屋町三ツ池コミュニティのふれあい祭りです。妻は開催役員の一人のようで、既に市民館に向かいました。私も後ほどお邪魔してきます。

権力の暴走を止めなければ


解散風がおさまりそうにありませんね。どうも来週は衆議院解散のようですね。一ヶ月前に誰が予想出来たでしょうか。余りに唐突です。解散の大義がありません。
「消費税10%を先送りする事の是非を問う」との事ですが、増税が先延ばしになることに対して、納税者である国民の方々の方から文句が出るとは考えられず、全く意味がありません。むしろ予定通り出来ない現在の経済状況に対して責任を取るべきです。アベノミクスにより一部の資本家は潤ったかも知れませんが、輸入材料費や物価は上がり、国民の生活は日々苦しくなっています。
今夏以降下がり続ける内閣支持率が、昨今の閣僚辞任により更に拍車がかかり、余力があるうちに解散をすれば、過半数割れを免れ、長期政権が可能になるという、まさに権力者の横暴。
「権力の暴走」をこれ以上放置する訳には参りません。負ける訳には参りません。


自らの手で一枚一枚心を込めて


十月十五日、水曜日。みなさん、おはようございます、ばんの豊です。朝はとりあえず晴れています。
本日から新しいポスターを貼り出します。新ポスター貼付活動初日ということもあり、今日一日、何とか雨が降らないことを願っております。
その前に本日も朝の太極拳に参加するために、東浦町森岡まで行って来ます!帰って来たらすぐに、新ポスターを貼りに出かけます。
自らの手で心を込めて一枚一枚丁寧に貼らせて頂きます。どこかで見かけられましたら、是非お声がけ下さいね。行って来ます!

この国の未来のために譲れない想いがある

新しいポスターのテーマは「この国の未来のために譲れない想いがある」です。

政権交代を実現していただいたにもかかわらず、 掲げた政策の多くを実現できなかった私たちは、 みなさまからいただいた信頼を失いました。

その結果、状況は政権交代前よりもむしろ悪化しています。

世界では様々な《格差》が拡大しています。 格差は拡がるだけでなく、固定化されようとしています。 金持ちの家に生まれた人と、そうでない家に生まれた人。 マイナスを押しつける地域と、押しつけられる地域。 戦を命ずる人と、命ぜられる人。 一握りの大富豪と、それ以外の貧困にあえぐ大多数が暮らす国。

流した汗や努力が報われない社会に、希望はあるのでしょうか。 一度失敗した私たちに厳しい見方があるのは承知しています。 それでも覚悟を持って、もう一度掲げたい、声高に叫びたい。 政治は「生活者」のためにあらねばならぬことを。

いま、日本には完全に赤信号が灯っています。 これ以上、権力を暴走させる訳にはまいりません。 日本を脱線させる訳にはいかないのです。

この国の未来のために、譲れない想いがあります。 ばんの豊は、この国の未来を担う子どもたちのために、 生きとし生けるもののの命を大切にする政治を実現するために、覚悟を持ってコトにあたります。