伴野豊公式サイト:サク・サケ・サカス

草木萌え動る

静かに落ち着いた朝を迎えております。


三月一日、日曜日。みなさん、おはようございます。ばんの豊です。おかわりございませんか?
早いもので、もう三月です。この時期、七十二侯で言うところの第六侯。「草木萌え動る(そうもくめばえいづる)」季節です。草木どころか人間もソワソワワクワクする季節。身体を動かしたくなってきますね。
そんなこともあり、今朝は久しぶりに朝の太極拳へ娘と行く約束でした。しかしながら、あいにくの雨。娘の太極拳デビュー、次の機会に持ち越しです。
窓の外はシトシト雨。以前よりは少しばかり暖かく感じられる雨。最近になく、静かに落ち着いた朝を迎えております。

さぁ!これから、これから

選挙の気配漂う十一月初め。ソロソロと走り出し、暮れまではずっと選挙モード。当選させて頂いてからはすぐに国会モード。この四ヶ月、全速力で突っ走って来ました。
正直、先月は寒さもあり満身創痍、疲れのピーク。腰は痛くなるは、寝違えるはで、身体中痛いところだらけ。痛みに耐えて何とか二月を乗り切り、三月最初の朝を迎えました。すると、体調は回復し気分も上々。
春は確実に様々なところにやって来ています。本日は党大会。これから行って来ます。


今朝は娘と散歩に行きました。

十一月十日、月曜日。おはようございます。ばんの豊です。今朝は朝の4時過ぎに娘が起こしに来てくれました。お互い不健康な毎日を反省し、昨晩、約束したのでした。朝早く近くの公園までジョギングもしくは散歩に行くと。
半々くらいのつもりでいたのですが、本当に起きて来ましたので、近くの加木屋緑地まで行くことにしました。帰りに珈琲ショップでモーニング。心身ともに少し健康的になった父と娘でした。本日は第二回のランチ会を東浦町で開催致します。

河合洋介県会議員をゲストに


本日、東浦町の「ピノ・ノアール」さんにて「第二回ばんの豊とランチでトーク」を開催致しました。地元選出の県会議員、河合洋介さんをゲストにお招きして、美味しいイタリアンを食べながら、ワイワイガヤガヤ。愉しいひとときを過ごさせて頂きました。
河合洋介さんからはお地元東浦町、阿久比町を中心に県政報告もなされ、大いに盛り上がりました。私、ばんの豊からは最近の活動報告や「譲れない想い」をしっかり語らせて頂きました。今回も大変有意義なランチとトーク。本当にありがとうございました。
今後も知多半島の各地で気軽なランチ会を開催して参ります。是非、みなさま、一緒にランチでトークしましょう。お待ちしております。


姪の結婚報告

天気も人生も予測不能!

八月十七日、日曜日。皆さん、こんにちは、ばんの豊です。
一気に暗くなり雨が強く降り出したかと思えば、しばらくするとガンガンに晴れてくる。不順な上に極めて局地的な天候ですね、ホント。特に今週、お盆週間は予測不能の天気の連続でした。
そうした天気に振り回された一週間ではありましたが、今週はじめ、姪が喜ばしい報告に来てくれました。

埃の中から出てきた宝もの


姪が一人だけおります。兄の娘です。その姪がこの度、結婚の報告をするため、婿さんと一緒に実家の母を訪ねてくれました。お義姉さんにソックリになってきたなと思っていたところの結婚報告、幼い頃の姿が浮かんできました。
綺麗好きだった母もここ数年認知症を患い、新婚さんをお迎えする状況にない。子や孫が集まって来てくれるのは嬉しいのですが、いろいろ気がもめるらしい。それ故、兄夫婦が一足先に実家の大掃除を敢行致しました。
真夏の大掃除。暑いだけでなく突然の強い雨もあり、それはそれは大変だったようです。大掃除の結果、その姪が中学生の時に書いた作文が出て来ました。
「私のおじいちゃん」という作文です。「優しく叱ってくれる人」おじいちゃんと孫娘との心の交流、十三年前、当時の我が家の様子が鮮明に蘇って来ました。
おばあちゃんである母を元気づけ、亡き父をも蘇らせてくれた姪の結婚報告でした。


南知多町文化展へ

十一月二十四日、日曜日。
薄い雲、本当に薄い雲。ガーゼのような雲が全体にかかっているような空です。
「お父さん、お願いします。」と娘の丁寧な声がしました。こうした声の時は、危険信号。駅まで車で送って欲しい時の声です。今日は模擬試験のようです。走って行けば、ちゃんと間に合うように準備したそうですが、最後のところで時間が足りなくなったと言い訳しています。言い訳を聞いてやるのも親の務めですからね。
この子が物心ついた頃には、もう既に国会に行っておりました。今日まで父親として何が出来たか。反省しかり。受験期間中くらいは出来るだけ協力してやりたい。改めてそう思った朝でした。
本日は、これから南知多町文化展にお邪魔します。ここから片道約40kmの車の旅です。

海のごとく広く深い


10月に開催される予定であった南知多町文化展。台風の影響で延期され、昨日と今日開催されました。南知多町文化協会設立30周年記念ということです。
書、絵画、写真、俳句、いけ花、手芸・木工芸・陶芸などの一般作品と共に、小学校、中学校児童生徒の習字、絵画、工作などがところ狭しと出品されていました。いずれも力作ばかり、南知多町の文化レベルの高さを改めて認識しました。
プロ顔負けの一般作品もさることながら、大人の発想や才能を超えた児童生徒の作品が何点も目にとまりました。
また、会場に併設された「豊浜太鼓打ち着物展」も素晴らしい。祭りの花形の太鼓打ちの衣装。子を思う親の気持ちと地域の祭りにかける情熱を垣間見ました。
本日は南知多町にて文化と子について考えさせられた一日でした。子供の可能性は海のごとく広く、子を思う親の気持ちは海のごとく深い。


目標と意志は人をつくる


十月三十一日、木曜日。
青い空が広がっています。西の空には若干モヤが、かかっています。
階下でかすかに音がしています。どうも娘が準備をしているようです。いつもより一時間以上早い出発です。「行ってきます」の声がしました。
以前ですと、こうした時、妻と口論をしながら家中大騒ぎして出て行くところ。今日は淡々と静かに準備をして出て行きました。
そこに目標と意志を感じました。目標は人を成長させる。親として子の成長は、嬉しくもあり、一抹の淋しさも感じるから複雑です。そんな神無月最後の朝でした。

立場も人をつくる

宮島寿男知多市長、古俣泰浩市会議員にお会いしました。知多市議会市民クラブの皆さんへの表敬、懇談にともなってのことです。
「立場が人をつくる」まさにその言葉通り。お二人とも顔つきが違いました。いい意味での緊張感と張りのある空気。いい面構え。仕事師の様相。
わずか一ヶ月前は選挙戦でした。選挙中はストレスと疲労との闘い。どんなに素晴らしい方でも、選挙はストレスが溜まり、心身ともに消耗します。立候補した人にしか解らない独特のものがあります。今日はそんな様子は微塵もなく、活き活きと「さあ、やるぞ!」って感じ。選挙前の二倍、三倍、いや十倍。エネルギーが充満しているようです。
そんなお二人を見るにつけ、明日の知多市は間違いなく素晴らしい街になると確信しました。
窓から差し込む日差しが眩しく感じられました。