伴野豊公式サイト:サク・サケ・サカス

新・戦争論

後半国会のテーマは安全保障

三月九日、月曜日。おはようございます。ばんの豊です。今週も始まりました。
さて国会ですが、衆議院での予算についての議論は、今週末にも終盤を迎えます。その後、各委員会が動き出し、今月中旬以降の国会では「安全保障」の話が注目されることになると思います。
そうした中、先週末、興味深い対談を読みました。池上彰と佐藤優の「新・戦争論」です。

池上彰と佐藤優の「新・戦争論」


intelligenceを単に辞書で引きますと「理解力」「知能」「思考力」と出て来ます。昨今使われている「インテリジェンス」の意味は、「ものを考える能力」と「判断するために必要で正確な情報の集積」の二つがあり、双方が揃って初めて機能するようです。そう言った意味でもこの二人のお話は大変興味深い。

化け物と良心の対談

池上氏は佐藤氏のことを「化け物」と評し、正確には「最新情報を集め分析する化け物」ということなのでしょうが、一方、佐藤氏は池上氏を「良心の人」と評しています。そうした二人が対談した結果見えてくるもの、それは信頼できるものです。
本書では、中東、中国、韓国、北朝鮮、アメリカについての対談が続きます。いずれも鋭く興味深い。特に「イスラム国」「北朝鮮」についての分析は大変参考になりました。

起こしてはならない第三次世界大戦

お二人の対談によりますと、「戦争と極端な民族の対立の時代」は当分続くようですが、「第三次世界大戦は絶対に起こしてはならない」という想いに改めて共感しました。
私も政治家としてそのために粉骨砕身すると、改めて心に刻み直したところです。では、国会に行ってきます。今週もどうぞよろしくお願い致します。


三河三谷まで講演に行ってきます!


二月三日、月曜日。
比較的暖かな朝です。空は雲が多くかなり重そうです。
今日は月曜日、本格的な二月の始まりです。
本日は研修会にて講師をさせて頂きます。中部地方で交通運輸関係のお仕事に主に従事されている方々を対象にした講演です。
三河三谷付近の会場で開催しますので、なんだかんだと一日仕事になりそうです。
行って参ります!

ことし始めての講演会です!

交通運輸関係に従事している方々を対象にした研修会ですから、必須科目として「交通政策基本法」と、更に先の国会で話題になった「特定機密保護法案」について、まず解説をして欲しいとのリクエストを事前に頂いておりました。
成立に至った経緯と法案のポイントについて、外務副大臣、国土交通副大臣時代の経験を踏まえ、お話しをさせて頂きました。
更に、「少子高齢化人口減少社会の日本の課題」「東アジアおける外交・安全保障の課題」「エネルギー政策の現状と課題」「安倍政権の政策の特徴」「都知事選の動向」などなど。会場の皆さん方の熱心な質問に促され、ノンストップの90分。熱い時間はあっという間に過ぎました。
最後は「節分」の意味とその過ごし方についてお話しをさせて頂き、刈谷のハイウェイオアシスで一休憩して帰路につきました。


全国的に冷え冷えする中で


一月十一日、土曜日。
本当に寒いですね。布団に入っていてもシンシンと冷えてくる。夜中に何度となく起きてしまいました。最も寒い時期が当分は続きます。こうした時期に無理し過ぎますと壊れてしまいます。
次なる活動しやすい時期を目指してシッカリ充電をしておく。スポーツ的には足腰を鍛え直しておく。無理せず萎縮せず。そういったことがこの時期には必要だと思います。新芽が一気に吹き出す準備期間のような時期ですかね、今は。
全国的に冷え冷えする中で、みやこの方では、一足先になんだか熱気を帯びてきました。

東京都知事選挙

そろそろ必要な役者は出揃いましたね。一月二三日告示、二月九日投票日の東京都知事選挙。最後の最後に目立ちたいだけの人が後出しジャンケンで出馬するようなことは、今回はご遠慮願いたいものです。せっかくの政策論争に水をさしますから。
政策的にはそれぞれに一家言ある方が出馬します。「知る権利」「エネルギー」「社会保障」「安全保障」「東京五輪」など。本来国会で十分議論して頂くべき事ばかりです。それが東京都知事選挙の争点になるのですから、今の国会で如何に議論が十分なされていないか、その裏返しでもあります。
なぜなら最近の国会は、例年の三分の二の期間しか開会していません。これだけ難問山積みの我が国において約四ヶ月の夏休みと冬休み。国会が重要な案件を議論していない分、東京都知事選挙で国民の信を問うて頂くしかありません。
いずれにしても日本の将来を決める重要な選挙になることは間違いありません。冷静かつ熱い政策論争の結果、都(みやこ)から新しい春の芽が吹くことを期待しております。