伴野豊公式サイト:サク・サケ・サカス

思い上がった政治から思いやりの政治へ


こんばんは、ばんの豊です。只今は十二月十三日土曜日23時です。あと一時間で選挙戦も終了です。
先週火曜日からの十二日間。お騒がせしまして本当に申し訳ございませんでした。
総演説回数268回。精一杯、訴えさせて頂きました。
「思い上がった政治から、思いやりの政治へ」
そのためにも「譲れない想い」があることを。
「政治は、弱い立場の人のためにあらねばならぬと。
経済は、経世済民、お金持ちがよりお金持ちになるのではなく、生活者である国民を救うものでなければなりません。
格差をこれ以上拡げてはなりません。格差が固定化したり、努力で埋めることのできないほどの格差は社会に歪みをもたらし、やがてそれは絶望と共に暴力に変わります。
先の大戦で三百万人のかけがえのない同胞を失った我が国は二度と戦争をしてはなりません。子供たちに持たせるべきものは竹やりではなく思いやりです。
日本の未来のため、次代を担う子供たちのために、絶対に譲れない想いです。
思い上がりの政治ではなく、思いやりの政治をさせて下さい」
精一杯、訴えさせて頂きました。悔いは微塵もありません。
今日まで一分一秒お支え頂いた全ての方々に感謝します。「人事を尽くして天命を待つ」現在の心境です。天は見ていてくれたと思います。
明日を楽しみにしております。一人でも多くの皆さまが投票に行って下さり、「ばんの豊」とお書き頂くことを祈ります。
本当に皆さま、ありがとうございました。心から心から感謝しております。
伴野豊


いよいよ今日から始まります。


十二月二日、火曜日。皆さん、おはようございます!ばんの豊です。
本日は復活をかけた選挙の出陣にあたり、かように沢山の皆様にお集まり頂きましたこと、心から感謝致します。また、今日までお支えいただいた皆様、とりわけ議席を失ってからの二年間、物心両面でお支えいただいた皆様方に心から心から感謝致します。ありがとうございます。
長くも感じられたこの二年間でしたが、今となってはあっと言うまでした。この知多半島、今までお邪魔できなかったところ、お会いできなかった方々、費やすことのできなかった時間をかけて、自分なりに必死に回らせて頂きました。悔しい思いをした事も無くはありませんでした。
しかしながら、今まで感じていなかった、四季折々の草花、風景、地域の歴史や伝統文化、食べ物、空気、風、においなどを五感を使って触れさせて頂きつつ、それぞれの地域で応援して下さる方々の温かいお励ましに触れる度に、元気と勇気を頂き、今日まで何とかたどり着きました。本当に今日までありがとうございます。改めて心から感謝致します。
この二年間、自問自答する中で、自分自身の中に政治家である前に、人として絶対に譲れない想いがあることに改めて気づきました。

絶対に譲れない想いがあります。

私には絶対に譲れない想いがあります。
政治は、強い人、お金持ちや上手くいっている人、ましてや権力者のためにあるのではなく、たまたま上手くいっていない人、苦しんでいる人、言われなき差別を受けている人など弱い立場の人のためにあらねばならぬと。とりわけ、政治権力者はとことん謙虚であらねばならぬと。
経済は、経世済民、生活者である国民を救うものでなければなりません。お金持ちだけがよりお金持ちになるだけで、生活者が困窮するのならば、それは経済政策ではなく搾取政策です。
格差をこれ以上拡げてはなりません。地域格差はじめ、教育、子育て、雇用、賃金、介護、医療、福祉など、残念ながら現実には様々な格差が存在します。格差が固定化したり、努力で埋めることのできないほどの格差は社会に歪みをもたらします。やがてそれは絶望と共に暴力に変わります。
先の大戦で三百万人のかけがえのない同胞を失った我が国は二度と戦争をしてはなりません。この七十年の間、多くの先人の努力と知恵で平和であった我が国。二度と戦火を交えてはなりません。世界の宝である子や孫たちを戦場に送ることがあってはなりません。核兵器のみならずあらゆる全ての兵器を廃絶しなければなりません。

思い上がりではなく、思いやりのある政治をさせて下さい。

地球を七周半しながら外務副大臣を務めさせて頂いている時、ヤドヴィガ・ロドヴィッチと言う名の駐日ポーランド女性大使からこんな事を学びました。
「『思いやり』という日本語は他の言語には訳しにくい言葉です。『思いやり』は日本人に与えられた特別な能力です。東北大震災での日本人の行動を見ていてつくづくそう思いました。この日本人に与えられた特別な能力を世界の平和をリードする為に使って下さい。」と。
私は必ずや「思いやりのある政治」で世界の平和をリードすることをお誓い致します。思い上がりではなく、思いやりの政治で。そのためにも是非私をこの知多半島から国会にもう一度送って下さい。
次代を担う子供たちの為に、額に汗して真面目に働く人々の為に、生活者のために、知多半島の人々の為に、今一度国会で働かせて下さい。どうぞよろしくお願い致します。
ありがとうございました。感謝


ひとつひとつ丁寧に

十一月六日、木曜日。おはようございます。ばんの豊です。晴れてたと思ったら突然の雨。よく分からないお天気、気まぐれのお天気ですね。今年は特にそう思います。
それはそれとして、時間の経つのが早いですね。特に十一月に入ってのスピード感、半端じゃありません。それ故、ひとつひとつ丁寧にという思いを強くしている今日この頃です。

譲れない想いを込めて


ひとつひとつ丁寧にといえば、先月から一枚一枚丁寧に心を込めて「新しい名刺」をお渡ししております。
率直な想いを書き込ませて頂いております。是非、お手にとってご覧頂けると幸いです。


この国の未来のために、譲れない想いがある。

今の政治のやり方は絶対におかしい。
振り子は右に振り切られてしまいそうだ。


権力者たちは、自らの「野望」を実現するのために、
憲法を「ないがしろ」にして、解釈で「なし崩す」。
意見の違いに耳を傾けることなく、
見解の相違として切って捨てる。

そんなやり方を許していいのか。
子ども達に胸を張って未来を引き継ぐことができるのか。

この国の未来のために、譲れない想いがある。自分たちが生きた時代よりも、
美しい時代を子ども達に贈るために、
ばんの豊は、覚悟を持ってコトにあたります。


地方消滅

衝撃のデーターを活かすために

十月六日、月曜日。皆さん、こんばんは、ばんの豊です。
知多半島でも昨晩からやたら雨が降りました。時折、凄まじい音がして目が覚めました。
台風18号は、現在のところ東北地方沖に抜けてくれたようですね。大きな被害が出ていない事を祈ります。
今夜は溜めていた資料や本を読むことにしたいと思います。とりわけ、増田寛也編著「地方消滅:中公新書2282」。先日の新聞報道にもありましたが、なかなか衝撃的な内容です。

消える前に何をすべきか?


「このままでは896の自治体が消滅しかねない」なかなか衝撃的な物言いです。減少を続ける若年人口の予測から導き出された衝撃のデータに基づく提言です。
子育て環境の悪い東京圏へ若者たちが移動し続けた結果、日本は次第に人口減少社会に突入しました。多くの地方では高齢者すら減り始め、大都市では高齢者が激増しています。
地方に人々がとどまり、希望通りに子どもを産み育てる社会へ。その戦略を考えるキッカケとなる本書。

若年女性人口が町の将来を左右する

2040年において若年女性人口の減少率が五割を超えると推計される「消滅可能性都市」。あくまでもこれまでの傾向が続けばの話ではあるが、統計分析上、その精度はかなり高いようです。
若年女性をその街にとどまらせることが出来るか否か。まずはここが最初のポイントのようです。そしてその女性が、希望通りに子どもを産み育てる環境を整えるにあたり、それを阻害する要因を少しでも排除することが出来るか否か、それが次なるポイント。

知多半島も例外ではない

政策的に何が出来るか。良い傾向にある市町村をまず研究し、取り入れられるところから取り入れて行く。一朝一夕ではかなりの難しい課題ではあります。しかし、やれるところから効果的に数値目標を定めてやって行かなければ、人口減少に拍車がかかるばかりです。
「まずはそこに住む人々が現状を知り、政治、行政、住民が議論を深め、知恵を絞る必要がある」と著者は警鐘を鳴らします。我が知多半島も例外ではありません。


雨の中、春を告げに…


三月二日、日曜日。
昨晩から雨模様ですね。気温は7時現在、7℃。昨日の朝ほどではありませんがとても温かい朝です。
小さなブイのような虫が沢山舞っています。雨の降り具合を確かめるために窓を開けたトタン、部屋の中に沢山入ってきました。ちょっと困ったことになりましたが、これも「春を告げに来てくれた使い」と思い、そのままにしました。
そんなことで、今朝は天井に数えきれない程のブイとおぼしき珍客がいます。
本日は、東海市と半田市の行事に参加させて頂きます。

みやわき晋也後援会事務所

それは南加木屋駅のすぐ前にあります。「みやわき晋也後援会事務所」です。昨日、その開所式が行われました。手づくり感満載の事務所です。お近くに起こしの節は是非、お立ち寄り下さい。
みやわき晋也35歳。現在、私の事務所にて東海市担当スタッフとして昼夜活動しております。
「2009年の政権交代。国民一人一人がその気になれば、その意志で政権を選択できる政治のダイナミズムを目の当たりにして、自分にも何か出来ないか。そう思いつつ『政治家への想い』を温めて来ました。その思いが大きくなった時、自分にとって最も身近な政治家、伴野豊さんの門を叩きました」開所式にあたり、みやわき晋也本人の弁です。
10年間勤めた会社を辞めて、志ひとつだけで政治の世界に飛び込んで来た、いわゆる「地盤、看板、カバン」のない男です。次代を担う若い政治家を育てて行きたいと思っております。
東海市で見かけましたら、どうか声をかけてやって下さい。