伴野豊公式サイト:サク・サケ・サカス

時の過ぎゆくままに揺れる秋桜


十月十九日、日曜日。おはようございます、ばんの豊です。東海市から東浦町に抜ける道すがらに新たな秋桜畑を発見しました。あまりに綺麗でしたので、車を停めてシャッターを押しました。
毎年、GW明けからこの季節までの日曜日の朝、東浦町於大公園で太極拳同好会が開催されます。本日が今シーズンの最終日。昨年に続き今年も最終日まで続けることだけは出来ました。過ぎゆく時の速さを実感する秋の朝でした。

アリストテレスと介護と秋の夕暮れ

あれだけ嫌がっていたのにその日が来るのが待ち遠しいようです。訪問介護のヘルパーさんが来て下さる月曜日と木曜日。今では一番の楽しみな日のようなんですね。本当にゲンキンなものです。
今年のお盆明けから週に一度。更にこの十月から週二日。ヘルパーさんに母の自宅を訪問して頂き、ゴミ捨て、洗濯、室内の整理整頓、薬の服用管理など日常生活を支援して頂いております。
介護保険制度を活用させて頂こうと手続きに入ってから、かれこれ一年あまり。母の希望を最大限尊重しつつも現実を踏まえ、様々な方々にご相談に乗って頂きながら少しずつ前に進めて参りました。十月に入ってやっと母の生活にも新たなリズムとハリが出てきました。
身の回りの事もおっくうになり引きこもりがちであった以前に比べ、ヘルパーさんが来て下さるその日は、早朝からソワソワ、ワクワク。「今日はどの服を着たらいいかしら」「美容院に行っておかなくてもいいかしら」などと姉に相談しているようです。
アリストテレスの「人間はポリス的動物である」という言葉がふと頭に浮かんだ秋の夕暮れです。


摂氏十六度の朝

九月十四日、日曜日。おはようございます。ばんの豊です。爽やかな朝ですね。二十度を下回る朝は本当に爽やかですね。日中は三十度を下回る、欲を言えば二十五度位までであれば本当に過ごしやすい。一年のうちで最も「いい季節」のひとつですね。
朝六時半から太極拳に行ってきました。東浦町の於大公園で毎週日曜日開催されています。半袖で行ったら寒いくらいでした。温度計を見たら摂氏十六度でした。

ハードな夜でした!


昨晩は楽しくもなかなかハードな時間を過ごさせて頂きました。と言いますのも南知多町内海山海地区の街づくり委員会の会合にガッツリ出席させて頂きました。
19時30分から始まったその会合は、前半の一時間は研究発表。後半の一時間は、それに基づく意見交換。以前にもお邪魔させて頂いたこの会議。その時は理念先行型の会合であったような記憶がありますが、今回は具体的な企画に基づく白熱した議論。会員各位の我が街に対する情熱は相当のものでした。
メモを取りながら傍聴すること二時間超。コメントを求められましたので、次の三点について持論を述べました。
まず一点目は、「リーダーシップ以上にフォロワーシップがプロジェクトの成否を左右する」、二点目は、「なぜこのプロジェクトを内海・山海で開催するのか、第三者に分かりやすい言葉、物語が必要」最後に「里山資本主義の考え方がこれからの街づくりには不可欠」。以上三点について述べさせて頂きました。
郷土愛と未来への情熱いっぱいの街づくり委員会。これから一層、南知多町内海・山海の街づくりから目が離せません。


そちらに行ってもいいけれど


十月二十七日、日曜日。
夜明けはまだこれからです。「明けない夜はない」とか、「夜明け前が一番暗い」とか、「朝顔は冷たい夜露があるから美しく咲く」などとの言葉が浮かんできます。
五月の連休後から続いていた於大公園での朝の太極拳も、今年は今日で最後。これから行ってきます。
続いて、知多市産業まつりが開催されているとのこと、妻と顔を出して来ます。
その後、前の副総理、岡田克也衆議院議員とお会いします。「元気にしてますか?チョット会えます?そちらに行ってもいいけれど」との電話あり。お忙しい大先輩に起こし頂くのは、大変忍びないので、チョット名古屋まで行ってきます。

日本の将来を本気で考えている人

岡田克也さんと一時間弱お話しさせて頂きました。「安倍政権の本質」「アベノミクスの出口の危険性」「安倍政権と報道」「民主党のこれから」などなど。予想はしていたものの、なかなかヘビーなお話しばかり。今の時代、どなたが政権を運営をされても大変な事ばかりです。安倍政権も同様です。
「今は支持率が高いから見えにくいが、安倍政策の結果が出始める一年後はどうなっているか。上手く行っているのなら、それはそれでいいが、そうでない時はどうするか。今の国会、トップを支える中間層に人材がいない。与党も野党も。民主党は確かに失敗もしたが、あの東日本大震災後の大混乱の中、必死になって働いたのも事実。君はそうした中、二度も副大臣を務めた。そうした経験をした国会議員はそうそういない。必要とされる時が必ずまた来る。その時、すぐに仕事にかかれるよう、地元で汗をかきながら今から準備しておいて下さい。」
そう言い残して、帰られました。岡田克也さんとはそういう人です。


甥の結婚式

オニバスの咲く頃


九月十四日、土曜日。
ここ何日かのうちでは一番爽やかな朝です。やはり湿度が若干低いようです。わずかなことなんですね。空は千切れ雲という奴。白い絵具をハケにつけて、青い空のキャンパスにサッとやると描けそうな、そんな雲です。
於大公園でオニバスに出逢いました。神秘的なたたずまいに言葉を失いました。
本日は甥っ子の結婚式です。
東京に行ってきます。


順風満帆ではないのが人生


姉の次男坊です。1983年の12月生まれです。まもなく30歳です。
なかなか出産は大変でした。姉は実家で出産を迎えておりました。長男の時もそうでした。姉は長男の後、二度流産をしております。二度とも安定期に入る直前だったと思います。「十分頑張ったよ」と、声をかけていいのか、かけないべきか。体への負担は限界を超えていたと思います。それ故、この子の出産は、様々な思いとともに、なかなか大変でした。妊娠、出産は、いつもそうだと思いますが、まさに命がけ。今日、その子が素敵なお嬢さんと結婚しました。
「人生は順風満帆ではありません。ですから、二人をよろしくお願い致します」という父親の叫びが心に響きました。
二人に幸多からんことを祈ります。


人も木も花も


六月二十三日、日曜日。
雲は相変わらず多い朝です。
多分これから晴れてくれるのでしょう。
日曜日ですので、これから太極拳同好会に参加するため、東浦町・於大公園に行ってきます。
於大公園。
いつも素晴らしい景色、空気、光、風、花、いきもの、沢山魅せてくれます。
今朝もどんな出逢いがあることでしょう。楽しみ、愉しみ!
ところで、本日は、南知多町議会議員選挙の投票日です。
有権者の方は是非、権利の一票を投じて頂きますようお願い致します。

足腰を鍛え根を張る

最近つくづく思うことがあります。
当たり前と言えば、当たり前なんですが。
「足腰を鍛える」ことは、全てに通ずると。
先日、このブログでも紹介した木村秋則さん。
無農薬無肥料でリンゴを栽培した、奇跡のリンゴの木村秋則さん。
リンゴでも土から下の根や、その周りの環境が、リンゴの成長に大きく影響を与える。
土から下の環境を整える、鍛える事が肝要だと。
木村さんも最初は、土から上の目に見えるところばかりの研究をしてました。
ある時、偶然、土の中の根、目に見えない土の下の環境が重要だと気づく。
このことと似たようなことが太極拳でもありました。
私のような素人、ビギナーは手や腕など上半身の動きに目が行きがちで、ナントナク真似をしようとします。
しかし、なかなか上手く行きません。
先週くらいからナントナク気がつきました。
上半身ではなく、下半身、足、脚、腰。
下半身の動きに集中して真似ると、自然に上半身もついて来るから不思議。
太極拳を始めて2ケ月。
少しづつ体が鍛えられ、特に下半身が鍛えられて、動きがついて行けるようになって、初めて気がついたこと。
太極拳の指導者でもある大先輩に確認すると、その通りだとおっしゃる。
真理を見たような気がしました。
目に触れがちな土から上の部分、葉、枝、実。
体でいうところの手、腕、上半身。
それよりも重要なのが下半身。
脚、腰、下半身、土から下の根、目に見えない土の中。
土の下、下半身がシッカリ鍛えてあれば、土の上、葉、枝、実、上半身は自然について来る。
人の目に触れやすい土の上、上半身が注目されがちですが、人の目に触れにくい土の下、下半身をシッカリ鍛えることが、ゆくゆくは人の目に触れがちな上半身、土の上の成長にもつながる。
人も木も花も同じ。
大地にシッカリ根を張ればこそ。
またひとつ、教えて頂きました。