伴野豊公式サイト:サク・サケ・サカス

時の過ぎゆくままに揺れる秋桜


十月十九日、日曜日。おはようございます、ばんの豊です。東海市から東浦町に抜ける道すがらに新たな秋桜畑を発見しました。あまりに綺麗でしたので、車を停めてシャッターを押しました。
毎年、GW明けからこの季節までの日曜日の朝、東浦町於大公園で太極拳同好会が開催されます。本日が今シーズンの最終日。昨年に続き今年も最終日まで続けることだけは出来ました。過ぎゆく時の速さを実感する秋の朝でした。

アリストテレスと介護と秋の夕暮れ

あれだけ嫌がっていたのにその日が来るのが待ち遠しいようです。訪問介護のヘルパーさんが来て下さる月曜日と木曜日。今では一番の楽しみな日のようなんですね。本当にゲンキンなものです。
今年のお盆明けから週に一度。更にこの十月から週二日。ヘルパーさんに母の自宅を訪問して頂き、ゴミ捨て、洗濯、室内の整理整頓、薬の服用管理など日常生活を支援して頂いております。
介護保険制度を活用させて頂こうと手続きに入ってから、かれこれ一年あまり。母の希望を最大限尊重しつつも現実を踏まえ、様々な方々にご相談に乗って頂きながら少しずつ前に進めて参りました。十月に入ってやっと母の生活にも新たなリズムとハリが出てきました。
身の回りの事もおっくうになり引きこもりがちであった以前に比べ、ヘルパーさんが来て下さるその日は、早朝からソワソワ、ワクワク。「今日はどの服を着たらいいかしら」「美容院に行っておかなくてもいいかしら」などと姉に相談しているようです。
アリストテレスの「人間はポリス的動物である」という言葉がふと頭に浮かんだ秋の夕暮れです。


もあっとした天気です。

三月二十九日、土曜日。おはようございます。
穏やかな春の朝です。昨日は暑いくらいの陽気でした。
明日の天気の崩れが予想される、そんな空模様です。
白と青と灰色と。絵の具の筆を洗った時の水の色の様です。
本日は東海市市議会議員選挙の最終日。出来る限り応援に入りたいと思います。

現場を知るとは言うことは…


「ノビル」を見ると思い出すことがあります。そうです。ネギ属の多年草。あれです。河原の土手や雑木林の入り口、庭先で栽培されているのを見かけることもあります。この時期、ちょっと自然の残っているところで見かけます。チョット引っ張て、泥を落としてお味噌をつけてパリポリやると美味いですよね。
初めて「ノビル」を食したのが約三十年前のこと。国鉄に入社して一年間の研修を終え初の現場着任。そこは、静岡県の袋井管理室と言うところでした。そこで約三ヶ月、鉄道線路保守現場のイロハを学びました。
お昼休みになると先輩から管理室の近くにある土手に行って「ノビル」を取ってくる用に命じられました。お茶を入れる事と、このノビル採取が当時の私の日課であり、唯一の担当でした。それぞれのお弁当とノビルとお茶と。のどかなお昼の休憩時間でした。
今も「ノビル」を見かけると、ノビルのシャキシャキした歯ごたえと共に、当時の先輩方の笑顔が浮かんできます。現場を知る最初の一歩はその地の自然環境を知ることだったんですね。いろいろ教えて頂きました。皆さん、お世話になりました。


一段と寒くなってきましたが…

十一月三十日、土曜日。
本日も雲が多いですね。ここ数日一段と寒さが厳しくなって来ました。無理をすると、すぐ風邪を引きそうです。体調管理も仕事のうち。自らに言い聞かせています。
本日は霜月最後の日。外は本当に寒いです。近藤良三県会議員の後援会総会があります。日頃よりお世話になるばかりで恐縮ですが、今日も「あたた会」にドップリ浸からさせて頂きます。

すべては変化している


今月、霜月も知多半島を中心に活動させて頂き、沢山の方々とお会いしてお話しをさせて頂きました。
以前からのお知り合いの方もいらっしゃれば、最近Facebookを通じてお知り合いになった方々とも。
春の訪れとともに活動を再開し、トンデモナク暑い夏が過ぎ、そして考えさせられる秋を経て、これから本格的な冬を迎えます。天気も毎日気にするようになり、空を見上げることも。道すがらの草花に足を止め、虫たちの戯れに目がいき、鳥や動物の声にも耳を傾ける。
「すべては変わって行く。良くも悪くも。この国においてはかなり周期性をもって。良くも悪くも。」そんなことを感じる霜月の最終日でした。


夏の終わりに

終わり良ければ…


八月三十一日、土曜日。涼しくなっていくのはありがたいと思ったとたん、この蒸し暑さ。思うようにいきませんね。なんか、人生の縮図みたい。ちょっと大袈裟ですか。
八月も最終日ですね。夏休み最終日でもあります。明日は日曜日なので実質もう一日ありますが。いずれにしても、今日明日は子供達にとっては宿題を仕上げる貴重な二日間。追い込みの二日間。後悔の二日間。前からキチンとやっておけば良かったと。まだまだ、大丈夫だと先送りして来たツケが終わりがけに来て一気に噴き出す。来年の夏休みは計画的にと思うのですがね。振り返れば、毎回、毎度そうでした。
様々な月末処理をしながら、来月こそはと思いつつ。

産みの苦しみ

宿題に限らず多くの場合、締め切りがあります。約束の時、約束の日、結果の出る時、結果を出す日。そこまでに何が出来るか。スポーツにおいても、ゴール前、最終回、最終セット。皆そうなんだと思います。年齢や経験により、以前よりは計画的に効率的に努力できるようになって来たとしても、思い通りにはなかなか行かない。必ず何かが起きます、起きてしまいます。追い込みの時だから気がつくこと、そういった時だからこそ発生するトラブルというのもあります。そこまではかなり順調に行っていたとしても。
ですから、最後のツメの部分、行程、作業、時間というのは、それまでにかけたエネルギーと同じくらいのエネルギーがどうしても必要なのです。ですから、締め切り前にドタバタ、スッタモンダ、七転八倒、もがき苦しむ、産みの苦しみは、ある意味仕方のないことなのでしょうね。とりわけ、思い描いた通りの結果を出すためには。