伴野豊公式サイト:サク・サケ・サカス

大暑な一日ですが…。

七月二十四日、木曜日。みなさん、こんばんは、ばんの豊です。今日も暑ったですね。蝉の声がMAXでした。大暑よりも大暑な一日でした。
昨晩はよく眠れました。仕事の後、適度の運動をしたからでしょうか。久しぶりに熟睡出来ました。しっかり眠ること。睡眠は元気の源ですね。
外に出ると太陽がギラギラ顔に痛い。さて、今日も熱中症に気をつけて、水分を補給しつつ頑張ります。

人として生きる


札幌にいる姉からメールが入りました。「母とうまくいかない理由が今解った。私には『ユマニチュード』が足りないからだ。」
恥ずかしながら知りませんでした「ユマニチュード」という言葉。フランス語なんですね。
見つめて、触れて、話しかける。上から目線ではなく同じ目線で、時には下から目線で。「人とは何か」という哲学に基づいて体系化されている包括的ケアメソッドのひとつ。二人のフランス人が提唱し30年以上の歴史を持つ。今、医療、介護の現場で注目されているらしい。関係者が意識し、実践することで患者さんはもとより、関わる全ての人の人間性をも回復するとのこと。
「今母は我々に、母として最後の教育をしているのかも知れないね。『人として生きること』の基本を今一度叩き込む為に」自らにも言い聞かせるよう返信メールしました。


熱中症にお気をつけください!

六月二日、月曜日。
いつの間にか六月になっておりました。ここ二週間ぐらい講演会が続き、なかなかハードな毎日を送っておりましたところ、その間に気温はドンドン上昇し、先週末にはなんと熱中症が全国的な話題に。
夏が来るのが早過ぎますよ。梅雨はどうしたって感じですね。六月は、紫陽花とシトシト雨がよく似合うと思うのですが…。

とんでもない暑さの中で


講演会の冒頭、「日本の課題は何だと思いますか?」と聴衆者の方に質問することにしています。数年前ですと必ず最初の方に出て来たものなのに、最近殆ど出てこないものがあることに気がつきました。
それは何だと思います?答えは「温暖化」。少なくとも最近何回かの講演会ではそうでした。その理由はいろいろ考えられますが、少なくともここ何日かの異常な暑さは、多くの皆様方の脳裏に改めて「温暖化」を想起させるに十分過ぎるでしょう。
それにしてもこの暑さ、とんでもなくありません?まだ、六月になったところですよ。とにかく皆さん、熱中症には気をつけましょう!


ハンカチ

どこまでも暑い夏


八月二十二日、木曜日。おはようございます。
正直言って眠いです。炎天下を歩き続けていますと、結構身体にきます。バテないように調整して水分を取りながら続けて行きたいと思います。
全国的には各地で35度を超え、熱中症に十分に気をつけるように、とアナウンサーの声がラジオから聴こえます。
今年はどこまでも暑い夏のようです。

いつものところにいつものものがある

何もしなくても汗が滝のように出てきます。身体中の水分が吹き出ているかのようです。こうした日は特に「ハンカチ」の有難みがよく分かります。新品でない方がいい。何度も洗濯され馴染み、水分を良く吸ってくれるもの。そういうものがとりわけ有難い。
額を流れる汗を感じた瞬間、ポケットに手を突っ込む。あった。ホッとしつつ、ハンカチを取り出して流れる汗をグイッと拭く。拭った分だけ少し気分を変えられる。こうした時にハンカチがないとモノ凄くガッカリします。
子供の頃はいつも玄関を出る前に「ハンカチ!」という母の叫びがありました。何回かに一度は必ず取りに帰ったものです。
使うことなくポケットに何日かそのままのこともあります。手洗いの後、ポケットに手を突っ込んだ時に、そこにいつものハンカチがあるか、ないか。随分その後の気分に差が出ます。それはそのハンカチに、洗濯をしてくれた人の想いが、込められているからかも知れません。
出がけに叫ばれることは無くなりましたが、いつものところにいつものハンカチがある。
汗をたくさん拭ったハンカチを眺めながら、妻に感謝しました。


前畑ガンバレ!

だけどガンバリ過ぎには注意しましょう!


八月十一日、日曜日。鳥が鳴いています。蝉が鳴く前には鳥が鳴いているんですね。改めて気がつきました。
朝の太極拳から帰って来ましたら、もう既に蝉の時間。凄まじい勢いで鳴いています。
凄まじいと言えば、猛暑、40度超え。熱中症に気をつけましょう、と呼びかけている段階ではなく、非常事態に近い段階。一人一人が真剣に対策を取らねばなりません。なめたら危険です。
こんな日は特に、ガンバリ過ぎには注意しましょう!

思いやりのある言葉

1936年8月11日、ベルリンオリンピックの女子200メートル平泳ぎ決勝で日本の前畑秀子選手が優勝。その時、NHKのアナウンサーが「前畑ガンバレ」と連呼したことから、本日、八月十一日は「ガンバレの日」らしい。
最近、盆踊りや夏祭りにお邪魔していますと、「頑張ってね!」と声をよく掛けて頂きます。ありがたいことです。お声をかけて頂くと、同時に元気も頂戴します。人を励ます時に使う言葉の定番は、なんと言っても、やっぱり「ガンバレ」でしょう。
ただし、頑張りすぎて、もうクタクタの方には、タイミングによっては、逆効果になることもあったり。ちょっと考えなければ、なりません。
静かに見守ることも、時として大切ですしね。「少し休んだら?疲れをとるのが先じゃない?」ということも。ここが、踏ん張りどころっていうこともありますが、頑張りたくとも頑張れない時もあります。難しいです、本当に。
つまりは、相手の状況を出来るだけ慮って、思いやりのある言葉をかける。本日「ガンバレの日」をそう解釈することにしました。


そろばんの日

電卓も必要ですが…


八月八日、木曜日。いつもよりチョット遅めの目覚めです。昨晩、頭の整理整頓を遅くまでやったのが原因ですかね。「いつもより遅いじゃん」と蝉たちが大きな声をあげています。空は青いのですが、龍のヒゲのような雲が全体に薄くかかっています。
深呼吸をして呼吸を整えてから、生ゴミを捨てに行ってきます。朝はイイですが、これからメチャクチャ暑くなりそうな予感。熱中症に気をつけながら、今日も一日に頑張ります!

読み書きそろばん

今日は「そろばん」の日なんですね。パチパチという、そろばんを弾く音から、ということらしいのですが。私に今日があるとすれば、それは「そろばん」によるところが、大変大きい。
小学校四年生から六年生まで。途中何度か中断もありました。まがいなりにも算数、数学が好きになった根底には「そろばん」があります。
今でも無意識に親指と人差し指が動きます。数に対する反射神経と言いますか。鍛えて頂きました。数に対する自信。子どもの時に身につけさせて頂いたので、その後の算数、数学に対して臆することなく臨めました。
その他は全て挫折しましたが、この「そろばん」だけは、三年間、唯一通いました。私の塾通いは、後にも先にも唯一コレだけです。
「読み書きそろばん」とは、よく言ったものです。ワンパク坊主に根気良く教えて下さった先生方には、今でも心から感謝しております。計算高い、「そろばんずくの人生」は、到底送れそうにもありませんが。