伴野豊公式サイト:サク・サケ・サカス

時の過ぎゆくままに揺れる秋桜


十月十九日、日曜日。おはようございます、ばんの豊です。東海市から東浦町に抜ける道すがらに新たな秋桜畑を発見しました。あまりに綺麗でしたので、車を停めてシャッターを押しました。
毎年、GW明けからこの季節までの日曜日の朝、東浦町於大公園で太極拳同好会が開催されます。本日が今シーズンの最終日。昨年に続き今年も最終日まで続けることだけは出来ました。過ぎゆく時の速さを実感する秋の朝でした。

アリストテレスと介護と秋の夕暮れ

あれだけ嫌がっていたのにその日が来るのが待ち遠しいようです。訪問介護のヘルパーさんが来て下さる月曜日と木曜日。今では一番の楽しみな日のようなんですね。本当にゲンキンなものです。
今年のお盆明けから週に一度。更にこの十月から週二日。ヘルパーさんに母の自宅を訪問して頂き、ゴミ捨て、洗濯、室内の整理整頓、薬の服用管理など日常生活を支援して頂いております。
介護保険制度を活用させて頂こうと手続きに入ってから、かれこれ一年あまり。母の希望を最大限尊重しつつも現実を踏まえ、様々な方々にご相談に乗って頂きながら少しずつ前に進めて参りました。十月に入ってやっと母の生活にも新たなリズムとハリが出てきました。
身の回りの事もおっくうになり引きこもりがちであった以前に比べ、ヘルパーさんが来て下さるその日は、早朝からソワソワ、ワクワク。「今日はどの服を着たらいいかしら」「美容院に行っておかなくてもいいかしら」などと姉に相談しているようです。
アリストテレスの「人間はポリス的動物である」という言葉がふと頭に浮かんだ秋の夕暮れです。


つるべ落とし

それぞれの秋


九月二十一日、土曜日。自宅で迎えるいつもの朝。何の変哲もないいつもの朝。これがやっぱり一番落ち着きます。南知多町から直接仙台市へ、その後仙台市から東京、そして昨晩東海市へ。移動続きの一週間。いずこにおいても、それぞれの秋が来ていました。
時は人の気持ちを待つことはなく、確実に刻んで過ぎて行く。
今週末からは知多市にドップリ浸かりながら、知多半島の秋の祭りとマツリゴトに走り回ると致します。

秋を感じる瞬間

もみじ、トンボ、鈴虫、サンマ、栗、秋桜、彼岸花、落ち葉、影。秋の訪れを感じさせてくれるもの。「秋だなぁ」と思う瞬間。ありますよね。
私の場合は、「日が落ちる早さ」でそれを感じることが多い。ある会議をしていて、その終了と共に外に出たら、あたりは真っ暗。さっきまで明るかったのに。
いわゆる「つるべ落とし」を感じた時。そんな時、肌寒さも加わると、急に淋しさも感じてしまいます。
人恋しくなる秋。温もりが欲しくなる秋。家路を急ぎたくなる秋。
日本の秋は良くできていますね。素晴らしい。