伴野豊公式サイト:サク・サケ・サカス

知多半島もいよいよ夏本番!


7月21日、月曜日。おはようございます。ばんの豊です。本日は「海の日」祝日です。いつもより若干ゆっくりとした朝を迎えました。昨日、中国、四国地方では梅雨明け宣言。東海地方でも本日15時に梅雨明け宣言が出たようです。いよいよ知多半島でも夏本番です。
さて、先週末くらいから知多半島では各地で夏まつり、花火大会、盆おどりが次から次へと開催されております。この調子で8月24日あたりまでほぼ毎日続きます。土日だけでなく、平日の夜もどこかで開催されております。昨年は過去最高の参加箇所数と参加滞在時間記録をつくらせて頂きました。この夏は昨年の記録をさらに更新出来るよう頑張って走り回ります。

沢山の汗に感謝しつつ平和な海を願う

先週末も以前では伺うことの出来なかったお祭りにも参加させて頂き、その地域での新たな発見、ご縁を頂きました。いずれにしてもこうしたお祭りはじめ各種行事を各地域でお支え頂いている役員の皆様、ボランティアの皆様には、本当に頭が下がります。
まさに縁の下の力持ちさんたち。今夏も汗だくで頑張って頂いております。いろいろあると思います。面倒なことの連続だと思います。一方でやり遂げた時の充実感、満面の笑顔。どなたも輝いています。
あたりを見渡して見れば、ゴミ収集、水道、ガス、電気、通信、交通、防災、治安、救命、介護などなど。そうした縁の下の力持ちさんたちの沢山の汗のお陰で今日もいつもの一日がある、いつもの街がある。
あらゆる縁の下の力持ちさんたちに改めて感謝しつつ、「平和な海」を願う「海の日」でした。
感謝、感謝、感謝


春らしい朝を迎えて

三月二十八日、金曜日。おはようございます!
春らしい朝です。もう毛布はいらないですね。靴下も履かなくても全く冷たくありません。
いい季節です。花粉を除けば。昨日からかなり眼が痒くなって来ました。たまりません。目薬を手放すことができません。
今週も早い。年度末でもあります。
さぁ、今日も元気に参りたいと思います。

一期一会と笑顔で


卒業、進学、就職、転勤、転職、退職、新築、引越し…。
春は、様々な機会により、沢山の「別れと出会い」が集中する季節でもあります。「会うは別れの始め」の言葉もあるように、「別れと出会い」はかなり混在同居しています。
今生の別れから、またすぐ明日にでも会える別れまで。辛さの度合いは違えども「別れ」はいつも物悲しいですね。「さよならだけが人生だ」井伏鱒二の言葉も浮かびます。
一方で「出会い」。多分、「別れ」の数以上に新たな「出会い」はあるはず。新しい教室、新しい職場、新しい街、新しい県、新しい国という方も。新しい出会いにはワクワク感の一方で慎重さも。インターネット上の出会いにはとりわけ慎重さが必要な昨今ですが、やはり「お付き合いの仕方次第」なんでしょうね。
いずれにしての常に誠実に「一期一会」の思いと笑顔で接したいものです。


春の嵐はほどほどに

三月十三日、木曜日。
昨日までの寒い朝が嘘のようです。とても暖かい。首筋に汗が汗がにじむくらいです。
しかし天気がちょっと崩れて来ています。愛知県では「雷と突風の気象情報」が出ています。
大気の状態がとても不安定になっているようですね。
竜巻、突風、雷、ひょう、雨。オールキャスト総出演ということのようです。
暖かいのはありがたいですが、春の嵐はほどほどに願いたいと思います。

君の人生は君しか歩けない


「サクラサク」とはいかなかったみたいだね。まだちょと半信半疑のところがあるみたいだけれど、今は現実をしっかり受けとめるしかない。それが次なるスタートの初めの一歩。
今回は残念な結果でした。しかし、目標を立てて果敢に挑戦してとりあえず最後までやりきった。この経験は大きいよ。慰めでなく大したものだ。
今回の経験は今直ぐには分からないかも知れないが、これからの人生の中で必ず生きて来る。ただ、何故上手くいかなかったかだけはキチンと反省し出来たら記録しておいた方がいい。それは時に辛い作業だけれども次に繋げるために一度シッカリやらなければいけない。
しかし、ある程度反省点を整理したら、もう度々過去を振り返るな。後悔するな。泣きたい気持ちもわかる。悔しい気持ちもわかる。けれど時は立ち止まってくれない。後悔して過去が変わるのならいくらでも後悔すればいいし、泣けばいい。だが、そんな事はあり得ない。
人の痛みを知ることも人生においてとても大切。転んだら起きあがればいい。転んだ時の起き上がり方も学ばなければいけない。人の失敗や挫折を笑う奴には笑わせておけばいい。失敗や挫折の経験のない人生ほど恐ろしいものはない。
しばらく休んだら上を向こう。出来れば笑顔で上を向こう。君の人生は君しか歩けない世界で唯一のもの。誰も真似できやしないのだから胸を張れ。


大雪警報の朝ですが…。


十二月二十八日、土曜日。
雲が半分以上空を覆っています。天井付近に青空が残っています。
いつもよりかなり寒いなと思って起きましたら、何と0℃。寒いはずです。寒波がなだれ込んでいるのでしょうか、先ほど愛知県地方に大雪警報が発令されました。
本日は半田市内でお葬式があります。後援会で大変お世話になった方がお亡くなりになりました。いつも笑顔で励まして下さいました。心から感謝申し上げ、ご冥福をお祈りしつつ参列して参ります。

苦しい時ほど笑顔の人でした。

今年も残念ながら沢山の方々をお見送りしました。いずれも辛い悲しいお別れでした。
その中に、当選同期の今野東(こんのあずま)さんがいました。今野東さんも私と同じ2000年初当選。衆議院議員2回、参議院議員1回、最後は復興副大臣を勤めました。
歳は一回り以上先輩、政策的には真逆な立場でしたが、何故かしら相手の立ち位置は理解しあっていました。「政治は弱い立場の人の為にある」という思いが共通していたからでしょうか。
「伴ちゃん、伴ちゃん」と可愛がって下さり、政治家以前に人間同士として、通じるものがありました。苦しい時ほど、ユーモアで人を笑わせ、前向きに努めようとする姿勢、共感してました。
享年65歳。早すぎます。まだ、信じられません。
もう一度、冗談を交わしたい。そんな年の暮れです。合掌


ふれあい祭りです!


十一月十七日、日曜日。
それなりに晴れています。天気予報では晴れ時々雨となっていますが、朝の段階では、そんな様子は微塵も感じられません。
本日は、私の住んでおります東海市加木屋町三ツ池コミュニティで「ふれあい祭り」が開催されます。妻もここ何日か準備のお手伝いをさせて頂いているようです。日頃家族でお世話になっているご町内の最大イベントのひとつ。
妻は一足先に、私はその後を追いかけて行きます。日曜日の朝、今日も始まりました。

街の日常に笑顔と防災を!

久しぶりにお餅をつかせて頂きました。自分でも分かるくらいのヘッピリ腰で。コミュニティ祭りや市民館祭りの定番であり、花形でもある餅つき。大抵そこに豚汁も加わります。青空の下、みんなで作ってみんなで食べる、最高ですね。
本日は、東海市加木屋町の「三ツ池ふれあい祭り」にどっぷり浸からせて頂きました。老若男女の皆さんによる活動発表、作品展示、模擬店など。三ツ池コミュニティの日常が沢山あふれていました。楽しい企画と共に、コミュニティの知恵を結集した防災マップや活動も報告されており、防災減災にもご尽力頂いている様子も合わせて拝見致しました。
今年のテーマは「笑顔は倍返し」。笑顔あふれるイベントにしばし時間を忘れ、ご町内の皆様とシッカリふれあわせて頂きました。ありがとうございました。