伴野豊公式サイト:サク・サケ・サカス

国会の桜たち

行きつ戻りつ


三月六日、金曜日。おはようございます。ばんの豊です。
只今、朝の七時です。衆議院第一議員会館におります。
季節は行きつ戻りつ。暖かくなったなぁと油断した矢先、急な冷え込み。
花粉症対策と合わせて体調管理が難しい今日この頃です。


舞台は予算委員会から各委員会へ


さて、国会ですが衆議院の予算委員会を皮切りに今月中旬辺りから各委員会へ論戦の舞台が移ります。
各委員会では所管分野毎に法案、予算など、より詳細な論戦が繰り広げられます。

二つの主なお役目

今国会におけます私の主なお役目は二つ。一つは「国土交通委員会筆頭理事」、今一つは「民主党政策調査会筆頭副会長」というものです。

国土交通委員会筆頭理事

「国土交通委員会筆頭理事」とは、国土交通委員会所管の法案、予算などについての野党の総括責任者というお役目です。今国会においては、いわゆるJR九州の上場のあり方を審議する「旅客鉄道株式会社及び日本貨物鉄道株式会社に関する法律の一部を改正する法律案」など閣法6本はじめ各議員立法法律案、国土交通省関連予算の審議にあたります。

民主党政策調査会筆頭副会長

「民主党政策調査会筆頭副会長」とは、党の政策を決定する政策調査会の事務局長的な立場で細野豪志政調会長を直接補佐するものです。あらゆる分野の政策に通じることと合わせて、政策的な反射神経と体力のどちらも求められるなかなか大変なお役目です。

まもなく国会周辺も桜の季節。体調管理に気をつけて国会においても、沢山の論戦の花を咲かせて参ります。



憲法カフェ

雨と汗でクシャクシャの一週間


六月十三日、金曜日。
本日は梅雨の合間の晴れ間というところでしょうか。日は差していますが分厚い雲が沢山浮かんでいます。涼しい風が窓から入って来ます。久しぶりに落ち着いた朝を迎えております。
今週は東京での夜の会合に出席する為に、何回か新幹線で往復しておりました。時折激しく降る雨の中、気温の変化、室内と屋外の温度・湿度の違いに体力を奪われつつ、ある時は朝早く、ある時は夜遅くの高速列車での移動。雨と汗でクシャクシャの一週間でした。

改憲、護憲などの前に知憲

そうした中、先日、横浜を拠点に活躍する女性弁護士、太田啓子さんのお話を聴く機会がありました。細野豪志さんの主催する勉強会でのことです。
日頃は離婚、セクハラ、家庭内暴力などに関わるお仕事を主にしていらっしゃるそうです。その弁護士さんが最近時間を割いて熱心になさっている活動が「憲法カフェ」なるもの。
最近の「集団的自衛権」論議に関連して「憲法を語れる女性」として白羽の矢が立ち、幾度か講義をするうちに、九条の事だけは学者よりも詳しい年配の方に時たま遭遇するものの、「憲法があまりに一般的に知られていない」と感じたのが「憲法カフェ」を始める契機。そこでもっと日常的に「お茶するように」憲法に触れて、まずは知ってもらう活動をしようと始めたのが「憲法カフェ」。
カフェや個人のお宅など、日頃の生活の中で憲法を語る。お一人お一人が、ご自身でご判断頂く今こそ、まずは憲法を知る「知憲」が大切と説く。彼女の実践に基ずく弁に触発される事の多い一時間半でした。


近藤良三県会議員の後援会の皆様と


一月十九日、日曜日。
いい天気です。よく晴れた行楽日和です。少し寒さもありますが、これくらいなら丁度いい位です。
本日は毎年恒例の近藤良三県会議員の新春初詣バスツアーに参加します。今年は三嶋大社に参拝するとともに、世界文化遺産登録された富士山を車窓から眺める旅です。
天気も良く、楽しい旅となりそうです。行ってきます!

細野豪志衆議院議員がご挨拶に!

我々一行は、朝6時45分、半田市青山の私の事務所にまず集合致しました。我々が乗り込んだバスは名鉄青山駅を7時に出発し、伊勢湾岸道路に入り、刈谷パーキングエリアに集結しました。なんとその数13台。近藤良三後援会のパワー健在というところです。
お昼前に三嶋大社を参拝して昼食は伊豆フルーツパークにて舌鼓。会場には、細野豪志衆議院議員がご挨拶に駆けつけてくれました。細野氏いわく、今日の富士山は最高の美しさとのこと。
本日もバスの中は一日座談会。かなりお神酒の入った方もいらっしゃりましたが、定番の焼津さかなセンターで買い物を楽しんだ後、帰路につきました。


知多半島から未来への責任を語る

十一月二十日、水曜日。
今朝は一段と冷えますね。回りを見渡すと、風邪気味の方が結構いらっしゃる。本格的な冬の到来ですからね。年末に向けて無理をしている方、そろそろ追い込みの時期の受験生などなど、くれぐれもお気をつけ下さい。
昨日は年に一度の「知多半島から未来を語る会2013」でした。細野豪志さんをお迎えして「未来への責任」を語り合うことが出来、有意義な一日となりました。多くの皆様方のご尽力で、無事開催することができ、本当にありがとうございました。
本日はそうした感謝の気持ちをお伝えするためのご挨拶回りから始めます。

世界こどもの日です!


子どもの頃、自然歩道を歩くと「来た時よりも美しく」という標識をよく目にしました。今もあると思いますが、子ども心にこの標識が好きでした。
政治家になると決めた時、この標識が頭に浮かび、「自分が生きた時代よりも少しでも良き時代を子どもたちへ」との思いを「未来への責任」という言葉に込めました。道半ばどころかまだまだ緒についたばかり。昨日の「知多半島から未来を語る会2013」では、改めてその原点に帰らせて頂きました。
「人類は児童に対し最善のものを与える義務を負っている」これは1959年に国連総会で採択された「児童権利宣言」の前文です。54年前の今日のことです。本日、十一月二十日は「世界こどもの日」です。


一年一度の期末試験


十一月十九日、火曜日。少し曇っていますが、だんだん晴れて来ています。
本日は「知多半島から未来を語る会2013」です。一年に一度この時期に後援会の皆様のご尽力で開催して頂いております。
今年は、細野豪志さんをメインゲストにお招きして、第一部にて基調講演をして頂きます。その後第二部として、伴野豊のこの一年の活動報告をさせて頂きます。
私にとってこの会は、ある意味、期末試験のようでもあります。今年一年の活動を振り返り、次なる「志」を披歴させて頂き、それをチェックして頂く。緊張する一日でもあります。

細野豪志さんをお招きして

「細野豪志」さん。2000年初当選組の同期です。最も信頼する政治家の一人です。細野さんも私もいわゆる「三バンない政治家」としてスタートしました。親や親戚に政治家がいた訳でもなく、ごくごく普通のサラリーマン出身です。
政治の世界の「三バン」とは、「地盤」「看板」「カバン」です。「地盤」とは、強力な後援会組織、「看板」とは、タレントさんのような知名度、「カバン」とはお金。この「三バン」ないと政治家になれないとも言われていました。お互い全くありませんでした。あるのは熱い「志」だけでした。
今日、その細野豪志さんが応援に駆けつけてくれました。「未来への責任」について熱く語ってくれました。我々の「志」は、まだまだ道半ば、頑張り続けます!