伴野豊公式サイト:サク・サケ・サカス

知多半島南部をぐるりと回って

十一月二十六日、火曜日。
青空も広がっているんですが、分厚い雲がところどころに見受けられます。雲だけ見ていると、昨日の再来もありそうで。昨日の夕方の天気は何ですが、初冬の嵐ですかね。よくわかりませんが、大変な天気でした。急に風が強くなり土砂降りになるから困ります。夏だけかと思いきや最近はそうでもないんですね。
本日は、美浜町、南知多町、武豊町など、知多半島南部を中心にお伺いする予定です。

購買機会の格差拡がる


「購買機会の格差」というのでしょうか。量販店に車の長蛇の列ができ周辺まで渋滞となる所がある一方で、日々の暮らしのお買い物すらままならない所がある。インターネット時代といえどもそれもままならない。
残念ですが、知多半島内でも「購買機会の格差」が拡がっている感があります。人口減少高齢化社会の課題がここにも確実に押し寄せています。
本日はそれを少しでも克服しようと、「巡回販売」を自主的に実施しているグループの皆さん方や、インターネットを利用して手軽にお買い物してもらうために工夫をされている皆さん方から様々なお話を伺いました。
人口減少高齢化社会を克服するためには「お金に代えられない何か」を共有するところから始めなければなりません。その何かの一つは「思いやり」であることは間違いないようです。


アメニモマケズ、カゼニモマケズ


六月二十一日。金曜日。
朝。とりあえず今のところ、雨は上がっています。
昨晩はかなり降りましたね。
この後もシトシトきそうです。
水がめを満たしてくれるのは有難いのですが、くれぐれも災害がないことを祈ります。
今週も残すところあと二日。
時間の許す限り、私の秘書だった清水英勝氏の激励のため、事務所あげて南知多町に入りたいと思っております。
また、夏の参議院。大塚耕平さん、比例区の仲間の皆さんの支援拡大をお願いするため、走り回ります。

美浜町・松尾神社

先日、美浜町にお住まいの方のところへお邪魔した時のこと。
偶然通りかかって、目に止まったのが、写真の松尾神社。
こうした風景を見るとワクワク。
「ナニナニ?」見てみたくなります。
歩いてみたくなります。
何となく神秘的、ミステリアス。
由緒、由来、言い伝え。何かあるのではと見てみると「創建年不詳」。
ますます興味がそそられる。
美浜町史を少しばかり紐解くと、どうも京都から勧請されたようである。
常滑市の坂井の神社に分祀もされたようだ。とりあえずここまで分かりました。
もっともっとワクワクする「ものがたり」があるような気がする。
これはまさに観光資源の原石。
こうした原石を地域の知恵と協働で継続的に磨き上げる。
それを次代を担う子供達に贈る。
街づくり、地域おこしの原点に出逢った気がしました。
丁度この日の訪問の目的も街づくり、地域おこし。
単なる偶然にしてはいけない。


絆の鐘・美浜町!


六月十八日。火曜日。やはり朝は曇ってます。
でも、日中はまた晴れて暑くなるのでしょう。
本日は、南知多町と美浜町にお邪魔します。
早朝は河和駅にて、ご挨拶運動を実施致します。
また、本日からは南知多町町議会議員選挙があります。
私の秘書を永く勤めた、清水英勝氏の激励に入らせて頂きます。

花ひろば・南知多町!


南知多町や美浜町には現在でも、沢山の観光資源があります。
これをさらなる観光産業としてどう育てるか。
また、地元の方ですら十分気がついていない原石。
素晴らしい原石の観光資源が、山ほど眠っています。
そういったものをお地元の力と知恵で磨き上げる。
点から線、線から面へ、つなげて行くことが必要です。
キーワードは「つなげる」です。
空間的にも、時間的にも、人間的にも。布や絨毯を編み込むように。
知多半島は愛知県で唯一の観光圏にも指定されています。
そういった点も上手く使いながら。
今日もそんなお話しを沢山させて頂きました。
絆をつないで糸を編み込む役目が少しでも出来たらと。
次の世代のために。
子供たちのために。


今日も地元行事満載!


六月一日、土曜日。今日は少し雲がありますね。でも、まずまずの天気でしょうか。
今日は、一日中、地元の行事を回らせていただきます。
その前に、朝の太極拳にも行ってきます。
膝は痛まなくなりました。結局あの日だけでした。
ご心配ありがとうございました。

てんこ盛りの一日でした。

東海市・三ツ池コミュニティと三ツ池小学校との合同運動会からスタートです。元気一杯のパーフォーマンス。子供達から沢山の勇気をもらいました。
続いて美浜町に移動し、地曳き網に参加しました。I労連結成50周年記念支部行事の一環で、働く皆さんとそのご家族と共に、獲れた魚での海鮮汁、バーベキューなど、楽しませて頂きました。美味しい料理もさることながら、あちらこちらで聞こえる子供達の歓声に、心和みました。
さらに、南知多町へ移動し、清水英勝さんを激励すると共に、支援者の方々へのご挨拶回りをさせて頂きました。清水英勝さんは、私の秘書を永く務め、南知多町をこよなく愛する男です。
最後は東海市へ戻って、後援会幹部の皆様との懇談会。
今日も盛り沢山、てんこ盛りの一日でした。
知多半島、海、子供たちから、沢山の事を教えて頂きました。フー。


自然に帰れ

大先輩たちに誘われて


五月二十八日、火曜日。今日は曇りですね。しばらくしたら雨になるかも。風も出てきました。気温の変化、天候の移り変わりで、バランスを崩される方もいらっしゃるみたいで。私も疲れが若干抜けていません。
今日は朝から、とあるOB会の「歩け!歩け!」大会に参加して来ます。大先輩について行けるでしょうか、少し心配です。
雨ももってくれ!

森の妖精たちの囁き

美浜オレンジラインハイキングコース。イイですね。大先輩に混じって約三時間。
まず、河和口前の河童ちゃんにご挨拶した後、歩きました。緑の回廊、竹林の壁、もみじのグリーンシャワー。マイナスイオンをいっぱいに浴びて、ただひたすら歩く。
たまには人間、森に遊ばなければいけませんね。
草の匂い、鳥のさえずり、虫のダンス、光のコントラスト、風の誘い。どれも久しぶり。命が洗われました。
「自然に帰れ」森の妖精がささやいた気がしました。