伴野豊公式サイト:サク・サケ・サカス

国会周辺にも春が来ています。


二月二十六日木曜日。みなさん、おはようございます、ばんの豊です。
只今、朝の六時半です。議員会館におります。辺りはまだ薄暗く、道行く人もまばら、車はほとんど走っていません。八時から始まる会議の前に溜まっている仕事を片付けなければなりません。
国会周辺も一時の寒さでは無くなり、春は一歩一歩確実に来ています。

母の一番の楽しみ

先週末、久しぶりに母を見舞いました。本人が一番希望するのは外食。
「お父さんは外食が苦手だったもんね。三食、家だったもの。私の手料理が良かったんだね。」最近、一緒に食事をする時の母の口癖。最後は自分の自慢話。「だからお料理教室にも行ったんだよ。」父の大好物は公設市場の刺身でしたが…。
先日はインド料理の千円ランチ。「手づかみで食べるのかい?へぇー、熱いよ、でも美味しいね。こんなの初めて食べた。長生きするもんだ。極楽、極楽。」ナンは全くの初めてのようでした。
今年に入ってから母は、週二日のデイサービスと週二日の訪問介護、更に週二日の食事宅配サービスの計六日、介護サービス事業に従事している方々になんらかの形でお世話になっています。残りの一日である日曜日は、出来るだけ家族で訪問してフォロー出来るように努力しています。
お陰さまで薬の飲み忘れもほとんど無くなり、少しばかり元気も出て来た様に見受けられます。毎日誰かに会って話をする、出来ることなら笑顔で。認知症には良いようです。母の介護を助けてくださる介護職員の方々には本当に頭が下がります。
そうした中、「介護報酬改定」の議論が国会でもなされています。介護職員さんの処遇が改善されることを切に願うものです。現場に遭遇すればする程、そう思います。


時の過ぎゆくままに揺れる秋桜


十月十九日、日曜日。おはようございます、ばんの豊です。東海市から東浦町に抜ける道すがらに新たな秋桜畑を発見しました。あまりに綺麗でしたので、車を停めてシャッターを押しました。
毎年、GW明けからこの季節までの日曜日の朝、東浦町於大公園で太極拳同好会が開催されます。本日が今シーズンの最終日。昨年に続き今年も最終日まで続けることだけは出来ました。過ぎゆく時の速さを実感する秋の朝でした。

アリストテレスと介護と秋の夕暮れ

あれだけ嫌がっていたのにその日が来るのが待ち遠しいようです。訪問介護のヘルパーさんが来て下さる月曜日と木曜日。今では一番の楽しみな日のようなんですね。本当にゲンキンなものです。
今年のお盆明けから週に一度。更にこの十月から週二日。ヘルパーさんに母の自宅を訪問して頂き、ゴミ捨て、洗濯、室内の整理整頓、薬の服用管理など日常生活を支援して頂いております。
介護保険制度を活用させて頂こうと手続きに入ってから、かれこれ一年あまり。母の希望を最大限尊重しつつも現実を踏まえ、様々な方々にご相談に乗って頂きながら少しずつ前に進めて参りました。十月に入ってやっと母の生活にも新たなリズムとハリが出てきました。
身の回りの事もおっくうになり引きこもりがちであった以前に比べ、ヘルパーさんが来て下さるその日は、早朝からソワソワ、ワクワク。「今日はどの服を着たらいいかしら」「美容院に行っておかなくてもいいかしら」などと姉に相談しているようです。
アリストテレスの「人間はポリス的動物である」という言葉がふと頭に浮かんだ秋の夕暮れです。


秋の訪れを感じつつ

八月三十日、土曜日。おはようございます、ばんの豊です。
今朝の空も雲が多く、ハッキリしない天気ですが、秋は確実にやって来ていますね。
窓に差し込む日差しは日々柔らかく、夕暮れもいつしか早くなっています。ギラギラした太陽の下では信じられませんでしたが、今年も確実に秋は来てくれました。
こうした時期、夏の疲れが出ないように気をつけつつ、秋の訪れを楽しみたいものです。
この夏、母の介護支援に若干の変化が見られました。

すったもんだしつつ


やっと母が受け入れてくれました。ヘルパーさんの訪問介護。
「一人暮らしのお年寄りの生活を支援するため、役所がヘルパーさんを派遣して下さるのだ」という口実で、しぶしぶ受け入れてくれました。介護保険制度事業初体験ということです。
母は三年くらい前に認知症を発症しました。最初は症状も軽く、進行を遅らせる程度の薬を服用するところから始まりました。同じ話を繰り返す傾向は強くなりつつも、近所のスーパーなどへは一人で買い物に行くなど、以前と同じ生活を続けておりました。
発症当初から介護保険制度を活用することも考え手続きを取りましたが、本人が頑なに拒否しますので家族で役割分担し、今日までなんとか乗り切って参りました。
しかしながら発症三年目、目に見えて生活の質が低下して来ました。とりわけこの半年間は加速度的となり、今夏においては食欲も減退、家族だけで支援することは限界となりました。母は未だ、出来ることなら拒否したいようですが、とりあえず、ヘルパーさんの訪問を受け入れてくれました。
最初は戸惑っていた母も訪問を重ねてもらうにつれ、少しずつ慣れて来たようです。ケアマネさん、ヘルパーさんは、さすがプロですね。いつしか母の口から「また来て下さいね」と発せられ、周囲はびっくりしました。
こうして、週一回程度のヘルパーさんの訪問介護サービスの力を借りながら、母の新たな生活がスタートしました。