伴野豊公式サイト:サク・サケ・サカス

自らの手で一枚一枚心を込めて


十月十五日、水曜日。みなさん、おはようございます、ばんの豊です。朝はとりあえず晴れています。
本日から新しいポスターを貼り出します。新ポスター貼付活動初日ということもあり、今日一日、何とか雨が降らないことを願っております。
その前に本日も朝の太極拳に参加するために、東浦町森岡まで行って来ます!帰って来たらすぐに、新ポスターを貼りに出かけます。
自らの手で心を込めて一枚一枚丁寧に貼らせて頂きます。どこかで見かけられましたら、是非お声がけ下さいね。行って来ます!

この国の未来のために譲れない想いがある

新しいポスターのテーマは「この国の未来のために譲れない想いがある」です。

政権交代を実現していただいたにもかかわらず、 掲げた政策の多くを実現できなかった私たちは、 みなさまからいただいた信頼を失いました。

その結果、状況は政権交代前よりもむしろ悪化しています。

世界では様々な《格差》が拡大しています。 格差は拡がるだけでなく、固定化されようとしています。 金持ちの家に生まれた人と、そうでない家に生まれた人。 マイナスを押しつける地域と、押しつけられる地域。 戦を命ずる人と、命ぜられる人。 一握りの大富豪と、それ以外の貧困にあえぐ大多数が暮らす国。

流した汗や努力が報われない社会に、希望はあるのでしょうか。 一度失敗した私たちに厳しい見方があるのは承知しています。 それでも覚悟を持って、もう一度掲げたい、声高に叫びたい。 政治は「生活者」のためにあらねばならぬことを。

いま、日本には完全に赤信号が灯っています。 これ以上、権力を暴走させる訳にはまいりません。 日本を脱線させる訳にはいかないのです。

この国の未来のために、譲れない想いがあります。 ばんの豊は、この国の未来を担う子どもたちのために、 生きとし生けるもののの命を大切にする政治を実現するために、覚悟を持ってコトにあたります。