伴野豊公式サイト:サク・サケ・サカス

日増しに暖かくはなって来ていますが…

三月二十四日、月曜日。
おはようございます。朝も日増しに暖かくはなって来ていますが、油断をすると急に冷え込んで来るのがこの季節です。昨日も陽が落ちてからはかなり冷たく感じました。
モヤの量は昨日の朝より多い感じがします。いずれにしても暖かい春の一日であって欲しいものです。
今週も始まりました。この一週間は東海市議会議員選挙です。できる限り応援に入りたいと思います。

大人が見本とならねらば!


「危ないですよ!」「気をつけて下さい!」「電車来ますよ!」今朝も何度となく大きな声を出させて頂きました。
仕事柄、駅頭に立たせて頂く機会が多いのですが、踏切がある駅ではいつもハラハラドキドキする昨今です。
ハッキリ申し上げて、子供達よりも大人の方がマナーが悪いです。警報機が鳴り出してから入って行くのは大抵大人です。完全に遮断機が降りてから入って行く人の姿も今朝はありました。あるいはお尻が踏切内にはみ出している車にも遭遇しました。
朝のラッシュ時間帯、一秒でも早く行きたいという気持ちは分らないでもないですが、かなり命知らずの行動が目立ちます。
平成24年度のデータを見ますと、踏み切り事故は全国で295件。毎日80%の確率で日本の何処かで事故が起こっている。死亡者が121人、負傷者が81人。事故が一度起これば70%の確率で死亡または負傷。しかも、列車遅延、運休など、他に与える影響が大です。損害賠償の対象にもなります。
知多半島、高架化の進展はあるものの、まだまだ踏切が多く、危険箇所が見られます。踏切が無くなる事に越したことはありませんが、それまでは大人が見本となる行動を示して、事故を未然に防ぎたいものですね。


珍しく大雪です


二月八日、土曜日。
雪ですよ。予報通りの大雪です。愛知県にも大雪及び高波暴風気象情報が出ています。
朝の太極拳。昨晩から気合いを入れて準備しておりました。多少の雨など物ともしない皆さんなので、雪の中の太極拳もいい思い出とばかり期待してましたが、さすがに無理でした。闇雲に無理をしないことも鍛錬のうちですからね。
本日は日頃お世話になっている鈴木幸彦半田市会議員の総会にお邪魔した後、郡山に向かいます。年に一度の党大会です。新幹線の遅れが少ないことを祈ります。

今、春が来て君は…

本日はこれでもかと降りましたね。知多半島では降雪は珍しいので、たまに雪が降るといろいろ考えてしまいます。
「粉雪」や「雪の華」も大好きですが、雪といえばどうしても「なごり雪」に行き着いてしまいます。以前は伊勢正三派だったんですが、最近は敢えてイルカを聴く時もあります。
大藪宣彦監督、三浦友和主演の映画「なごり雪」。勝手に期待して、過剰に感情移入して観た記憶があります。映画全体の評価は色々あると思いますが、駅のホームでのシーンは美しく印象的でした。「今、春が来て君は…」というサビの部分は何度聴いても切ないですね。


立春を過ぎて更に冷え込む朝に


二月六日、木曜日。
な、な、なんと、-4℃。寒いはずです。立春を過ぎてからこの冷え込み。
日中の日差しの暖かさに油断をしていると、身体の芯まで冷える厳しい朝夕の寒さで風邪を引いてしまいそうです。
なんだか人生の教訓を示唆されているみたいですね。
今朝は額に汗して働く仲間の皆さんと早朝駅頭活動を実施します。シッカリ中に着込んでカイロを貼って寒さに負けず元気に活動して参ります。

駅頭活動は世論調査でもある

半田市は青山の名鉄青山駅にて朝7時に集合。一時間ほど連合愛知知多地域協議会の皆さんと駅頭活動をさせて頂きました。「労働相談」に関するキャンペーン活動の一環です。
今冬、最も厳しい寒さの中での活動となりました。手の先、足の先、耳の先など、身体の先という先からジンジンと冷えて来ました。
バッグを小脇に足早に先を急ぐ人々、定期券を片手に走る学生たち、旅行鞄を引いてゆっくり歩く高齢者の一団などなど。
駅の改札に向かう方々の様々な反応から世相を読み取る。駅頭活動や街頭活動の重要な目的のひとつです。ご挨拶しながら、世論調査をする貴重な時間でもあります。
「おはようございます!」に反応して下さる方々が、以前に比べて若干増えたような。単なる気の所為でもないように思える朝でした。


JR東浦駅からスタートします。


六月五日水曜日。今日も涼しい朝でしたが、日中は昨日と同様かなり暑くなるのでしょう。
本日はまず、JR東浦駅で早朝活動をさせて頂きます。
地元の河合洋介県会議員、元厚生労働副大臣の大塚耕平参議院議員も参加する予定です。
その後は、日頃から大変お世話になっている諸団体の皆さま方を訪問させて頂きます。
東浦町から南下して南知多町へ、そこからグルっと知多半島を一周することになります。

そして、南知多町、半田市、知多市、東海市へ

「命に関わる政策を第一に」を標榜して来たこともあり、命に関わる諸団体さんにお伺いして、ご意見を賜わりました。
南知多町、半田市、知多市、東海市と、本日も走り回りました。
道すがら、今日も沢山の「日本の風景」に出逢いました。
これらの古き良き「日本の風景」は、まさに「沢山の命の積み重ねによってはじめて今日がある」ことを教えてくれています。
今後も「命に関わる政策を第一に」取り組まさせて頂くことを、改めてお誓い致しました。


亀崎から入らせていただきます。


五月十四日、火曜日。朝は爽やかでしたが、今日も日中は暑くなりました。本日は半田市内一円を回らせて頂きました。ランチは、美浜まで行きましたが。まずは、亀崎あたりから行かせていただきました。亀崎といえば、潮干祭ですが、それはそれは、GWお疲れ様でした。その他にもご紹介したい亀崎の宝の数々。その一つに亀崎駅があります。ご存知の方も多いと思われますが、あの駅は日本最古の現役駅舎ということです。JR半田駅の跨線橋も現役最古だそうですし、武豊駅の転車台などなど。JR武豊線は、近代鉄道のまさに宝の山。「故きを温ねて新しきを知れば、以って師と為すべし」ですかね。その後は、有脇、向山、新居、平地、乙川、大池、横川、大矢知、上池…。シッカリ歩かせて頂きました。皆さん、ありがとうございました。