伴野豊公式サイト:サク・サケ・サカス

なんじゃこりゃ!珍八景

世の中には「なんじゃこりゃ」と思えることが時々起こるんですね。
「なんで?」と考えても埒があかないので静観していましたが、そうもいかない事柄については、正式に意見表明する場を作ることにしました。
題してサク・サケ・サカス公認「なんじゃこりゃ、珍八景」です。
ひょっとしたら八景で済まずに、九景、十景と増えていくかも知れませんが、
「なんじゃこりゃ」にはきちんと意見表明していこうと思います。

第一景は「ゾンビのごとく甦った ban-chan.com」


さて、なんじゃこりゃ、第一景は「ゾンビのごとく甦った ban-chan.com」。
昨年4月、ばんの豊公式サイトとしサク・サケ・サカスを開設、ブログから始めることにしました。
心機一転新たな気持ちで前へ進もうと、サイトも一新、ドメインも「bannoyutaka.jp」としてスタートしました。その時点で ban-chan.comは使わないこととなり、契約更新しませんでした。

ban-chan.comが甦った。

それがどうでしょう!
カナダでban-chan.comが取得され
「BAN-CHANサイト!ばんの豊後援会公式ホームページ」として甦っているのです。


後援会という呼称が使われていることから、芸能人とか政治家を支持し応援するものだと思うのですが、そんな芸能人に心当たりあります?
政治家で考えたら、私以外にいらっしゃるんでしょうか?
また、ゾンビのごとく甦った ban-chan.comには写真がないんです。
だから、どんな人なのか確かめようもないし、写真を載せてくれれば、私ではないことが明らかになるのですが、載せられない事情でもあるのかもしれません。
もっと不思議なことに本文は英語?なんです。

昔のリンクから、このゾンビサイトをお楽しみいただけます。


ちら読みすると、
「ばんの豊がマルチ商法を展開するようなニュアンス」の文章のように感じられます。昔のリンクを張られたままだと、このゾンビサイトをお楽しみいただけます。

私自身の公式サイトではありません。

ただ、私自身の公式サイトではありませんので、たとえ日本語になったとしてもその内容には一切関わりないことをここで正式に表明いたします。
ばんの豊の公式サイトには、私の写真が申し訳ないほど載っています。
ゾンビのごとく甦ったban-chan.comには写真がありませんので、私以外の方の公式ホームページかも知れず、確認のとりようがありません。
コンタクト先は意味不明な単語の羅列でこのホームページの掲載責任が誰にあるのかも定かでありません。

東海市在住の前衆議院議員ばんの豊には一切関わりないことをここに宣言します。

まぁ、こんなコトしたがる人に心当たりがないわけじゃありませんが、それはそれとして、「ゾンビのごとく甦った ban-chan.com」は東海市在住の前衆議院議員ばんの豊には一切関わりないことをここに宣言し、旧いリンクを張られている皆様には、どうか「bannoyutaka.jp」へとリンクを張り直していただけるようお願い申し上げます。

第一景に登録いたします。

「なんじゃこりゃ、珍八景」の第一景に、
「ゾンビのごとく甦った ban-chan.com」を登録させていただきました。

ご静聴ありがとうございました。